福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「徳や」 田園のまんなかにて実りをいただく
「徳や」
ごぼう天うどん 390円

佐賀の国道385号線沿いに22年3月オープンのまだ新しい店舗。
周囲は田園でなかなかに清々しい。
地産地消推進店で、佐賀県産小麦で打ったうどんを食わせるとのこと。

tokuya02.jpg
やや太めでクリッとしたコシ。肌には若干の粘りがある。
すめは極スッキリしており、節がよく香る。
うどんの相としては讃岐ってことになる。
県産小麦の出色は今ひとつ分からなかったけど、不足は感じない一杯だった。

ただ、ごぼ天は衣が厚く、ちょっと好みからは外れるかな。

tokuya01.jpg

佐賀県神埼市千代田町迎島1282-6
11:00~8:00
年中無休
TEL 0952-44-6577
スポンサーサイト
「中津隈うどん」 ジレンマ
「中津隈うどん」
ごぼう天うどん 400円
ざるうどん 470円

佐賀から34号線を走り、目達原の分岐を久留米方面に向かってると道幅の狭くなった坂の途中にポツンとある。
nakatukuma01.jpg

暖簾を潜ると大将は今しも麺打ちの最中で、そんだけで胸中にんまり、というかステップを踏んでしまう。
更に店内にはうどんに関する拘り書きがあって、それによると素材は福岡県産ニシホナミ100%、お薦めは釜あげかざるとのこと。チクゴイズミはよく聞くがニシホナミは珍しい(と思う)。
さて、期待いっぱいで待ち受けたうどん。
掬い上げると麺線はけっこうバラバラで太かったり細かったり、肌は若干潤びてあばたが出た状態なんだが、これくらいが実は好みなのだ。
ただ、麺が短いのがちょっと引っかかるところ。

まずごぼ天。
nakatukuma02.jpg

啜って噛みこんでみると、密度が高くてずしっとした重みを感じる。コシというよりもその手前、歯応えがこのうどんのキャラクターのようだ。
トッピングのごぼうはさらりと解ける軽い衣。
すめは昆布強めで、おそらくは自家栽培のフレッシュなねぎとのマッチングがよかった。

で、ざる。
nakatukuma03.jpg

妖艶な肌合いを残しつつ適度に締まって弾力が増した食感は、なるほど店のオススメだけのことはある面白さを有している。
温うどんに増して更に強調された噛み応えは、中心に至るまでクイッと微妙に歯を押し返しながら楽しめるし、そのときに醸す粉の香りもなかなか結構なもの。それを損なわない、きりっとしたツユも立役者だな。
とにかく地粉100%の実力は侮れない。

ただ、である。
ただ、どうしても惜しいのが、縦方向の楽しみが薄いってことだ。
地粉の風味と相反するマイナス面の「切れやすさ」が、残念ながら出てしまってる。先に感じてた麺の短さである。
器の中にも切れてしまった残骸がチラホラ。

この肌触りで切れ間なく、ズルズルズル~っと啜ったあと、やっと息をついて鼻に抜いた香りを愛でる。
これができればもう最高だろう。好みのうどんだけに、ほんとに惜しいなぁ。


佐賀県三養基郡みやき町大字中津隈3062-2
TEL 0942-89-3566
肥前麺ロード覚書 その3 <国道264号>
筑後川の土手から佐賀市内までの"江見線"沿いに、あと少し残ってた分

「一吉うどん」
ごぼう天うどん 420円

中細のうどんは、いかにも手打ちっぽいプロフィール。
そして真四角に近い断面で適度にコシがあって、それが喉に気持ちいい。
冷メニューできゅっと締められてたなら、なお面白そうだ。
すめは昆布中心。メニューの表紙に、その昆布の成分・効能に関する薀蓄書きがある。
後を引く酸味が好み。デフォで入ってる揚げ玉抜きで味わってみたい。
ごぼ天の衣のほうはほろりと解れて、こっちも好み。
hitoyosi01.jpg hitoyosi02.jpg

佐賀県三養基郡みやき町大字西島1624-1


「さかえ」
ごぼう天うどん 530円

sakaekanzaki01.jpg sakaekanzaki02.jpg
こじんまりした店で、オバちゃん一人でやってる様子。
注文すると10分待てと言われる。ほほっ、揚げたて食えるの?
って、オバちゃんが手にしてるのは乾麺!こいつは珍しい。さすが麺どころ神埼?

できあがったそれは、細くて(当然だが)、コリコリとコシがあって。
とろろ昆布とか、濃くて甘いすめとか、全体がオバちゃんの味って感じだった。
勧めてくれた漬物や昆布煮も然り。
我が生まれ故郷にもあったなぁ、そんな店。もうやってないだろうな当然・・。
こちらは元気にやってっとくれと、そんな思い耽ることしばし。


佐賀県神埼市千代田の地蔵橋あたり



「肥前うどん 翔」
ごぼう天うどん 530円

syou01.jpg syou02.jpg

正確には264号と分岐する207号沿いになる。
うどんの相はやや平麺の細め。ちょっとのたくったところもあり、今は亡き(あるけど)「川端うどん」が野性的になった感じって言えば分かる人は分かってもらえる(なんじゃそれ)。
トゥルトゥルした舌触り。手打ちらしく太さが疎らでコシにもむらがあって、楽しくもあるがなんか素人っぽいなぁ(笑)。
一方すめの方はけっこう洗練された印象だ。甘めでおとなしく、女性的な優しいすめである。

ごぼ天が大きくて、熱い!パチパチ音を立てながら運ばれてきた。
歯応えはクリスピーなのに、中身がジューシーで瑞々しいって、こりゃなかなか美味い。衣の解け具合も好みだ。

冷たいのはどうかな~。なんとか再訪したいもんだが。


佐賀県佐賀市西田代1-1-2
TEL 0952-24-7779
肥前麺ロード覚書 その2 <県道31号>

鳥栖から佐賀大和への県道31号(川久保線)沿いの店をいくつか。

「麺房たぬきや」
ごぼう天うどん 500円
tanukiya01.jpg tanukiya02.jpg

中細のうどんは茹で置きでも歯応えは固めで、つるり感強めの肌。
すめは甘めで、昆布より煮干系かな。
雰囲気は定食屋風出来合いチックな一杯。

佐賀県神崎市神埼町尾崎3397

「彦ちゃんうどん」
ごぼう天うどん 430円

hikotyankanzaki01.jpg hikotyankanzaki02.jpg

手打ち30年を謳う。
オペレーションは茹で置きか。細めかつ柔らかめのうどんだ。
少々抜け気味のコシ、軽めの昆布すめと相まって、昔風の優しい一杯の印象。
ややパンチ不足と言えなくもなしだが、シャッキリ調理されたごぼうがなかなか存在感を主張しててプラス5点。

佐賀県神埼市神埼町城原1485-1
tel 0952-53-3957

「紀の国屋」
ざるうどん 400円

kinokuniya01.jpg kinokuniya02.jpg

最初釜あげを食おうかと思ったが20分待ちってこと。この日は時間が押してて断念する。
で、注文はざる。
麺線は太め、コシはそこそこ。吸い付くようなモチ肌が悩ましい。
また、粉の香りがすこぶる良い。
ツユが甘めだけど塩気は適度で丸く、存在感が強いこのうどんの味わいをスポイルしてない感じ。
いわし天とか、豚肉とか、面白そうなメニューもあってそそられる店である。
今度来れたならばまず、20分待っても釜揚げを啜って、しかる後に楽しげなメニューにもアタックしたい。

佐賀県神埼市神埼町城原1617-1
tel 0952-51-1455

「百年庵」
ぶっかけうどん 600円

hyakunenan01.jpg hyakunenan02.jpg

31号線飯町交差点を北へ。井上製麺が経営する洒落た麺屋だ。
うどんは固くなく、かつ柔らかくない。
どっちかと問えば柔らか方面か。優しく懐深く感じられる口当たりである。
ツユは甘いけど、塩っけは強くないので、全部ぶっかけてもオッケー。
このうどんでの温メニューにも俄然興味がわいてきた。

佐賀県神埼市神埼町的1779
tel 0952-53-2853


既出の<県道31号>うどん
岩屋うどん」、「勝どき」、「峠うどん」、「一寸亭」、「藤乃屋
肥前麺ロード覚書 その1 <国道34号>
かなり前の麺記録を蔵出し

「釜揚げうどん 香竹」
ごぼう天うどん 450円
koutiku01.jpg koutiku02.jpg

国道34号線沿い
入店がアイドルタイムだったんで、釜揚げじゃなくて湯だめ。
太めでぽよっとした食感。
麺線短く、コシふわふわ、ずずずと啜りこんであっという間に食い終わった。

佐賀県三養基郡みやき町大字原古賀5281−3
TEL 0942-94-3793

「停車場うどん」
ごぼう天うどん 410円
teisyaba01.jpg teisyaba02.jpg

34号線から佐賀警察署を高木瀬方面に少し走ったところ。
手打ちのようだが、かなりテロテロ。芯にコシの片鱗は感じられる。
これは意識した緩さらしい。
一筋の麺より三筋の麺を束ねればそれなりの喰い応えを味わうことが出来るという、故事に倣った啜り方をすべきうどんだ。
などと考えている間も大将はせっせと製麺をされていた。
すめは無化調を謳う。なんのてらいもなく、ごくスタンダードだ。
これがいにしえの停車場の味か。

佐賀県佐賀市高木瀬東5丁目17−17
TEL 0952-30-4036

「さぬきや」
ごぼう天うどん 390円
sanukiyahyougo01.jpg sanukiyahyougo02.jpg

34号線を走ってると目立つ看板。安い。
価格低めで食いではまぁそれなり。
いやしかし今は、コスパの良い低価格うどんも巷に多いぞ。これでいいのか?
深めの丼は、、ちょっと好みなんだけどな。

佐賀県佐賀市兵庫町大字藤木1281-25
TEL 0952-31-4120


既出の<国道34号>うどん
宝月堂(現 夢心)」「神埼さぬき屋」「かま蔵うどん」「那かむら」「まるふくうどん
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。