福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「英ちゃんうどん」 すめにパンチあり
「英ちゃんうどん本店」
ごぼううどん 500円

国道3号線を北九州方面に走り、宗像市に差し掛かると左手に看板。広い駐車場の立派な店構え。

中学から高校にかけての時期、天神に出れば食ってたのが「味のタウン」の「因幡うどん」か「英ちゃんうどん」だった。どっちが好みかってのはあんまり意識しなかったし、今みたいに小難しい薀蓄なんぞ考えずに気が向いた方に入って、ほぼ毎回エビ天(丸いヤツ)うどんを食ってたように思う。両店ともいつも混んでて、注文すれば超速で茹で置きうどんが配膳されてたなぁ。

現在は天神にはなくなった「英ちゃん」の本店がここ。実はここが本店ってのはこちらを読むまで知らなかった。

食ったのはごぼ天。
eichanmunakata04.jpg
いったい何年ぶりかな。やっぱり茹で置きのタイミングで出てきたが、昔とは麺相が違う気がする。
前はいかにも製麺所のそれだったはず。記憶違いか、それとも大きく方向転換したのか。
ポヨポヨなのにちゃんと活きた歯応えが残ってるし、荒れたり捲れたりしてる手作り感がなかなかイイ。

そのほかにも、しゃっきりとしたごぼうの調理具合とか、丁寧に切られたフレッシュな青ネギとか、30数年を経てワンランクアップした印象だ。

その中で、すめだけは塩気が強めで昆布の出汁がキリリと効いた昭和ガテン系。これはあの時のまんま、かな。
eichanmunakata03.jpg


宗像市徳重845
TEL 0940-32-6244
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。