福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
200702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200704
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「味覚焼」 思い出コロコロ
「味覚焼き」
1パック15個入り 350円

旧嘉穂郡嘉穂町(現嘉麻市)は、まだ小学校に上がる前の一時期に私が暮らしていた町である。
三つ子のたましいなんとやら、この年頃の経験は何十年経っても体の隅で息づいているものだ。
味覚についても然りだろう(ここは洒落じゃないよw)。
あの町での楽しみのひとつに、3歳違いの弟と行く床屋があった。弟のお守をしつつ窮屈な散髪が終わった後には、いつも同じ店でお土産を買って近くにある母の実家に持っていき、伯母やいとこ達といっしょにわいわい食べるのだ。
当時既に新しいとは言えなかったその小さな店の店頭では、じいちゃんとばあちゃんがせっせとたこ焼きを焼いていた。
生地を流して、”何か”をパラパラっと入れて、くりんくりん返して、醤油を塗って、コロコロころがして美味しい粉つけて・・・と、飽きもせずに見入ったものだった。
折箱に詰められたそれは、もって帰った頃にはだいぶん冷めてしまってて、なおかつ箱の形に四角く固まってしまってたけれども、染み込んだ醤油やまぶされた粉の味がぎゅっと凝縮されたような、子供の私にとっては至高の一品だった。
だから、その後現在に至るまでたこ焼きの基準はあの店になってしまっている。
やがて引っ越して小学校に上がってから後、行動半径の広がりとともに色んな食い物を経験していく中でも、やっぱりたこ焼きに関してはその基準が翻ることはなかった。
今時評判のどの店も”外はカリっと中はトロリと”が当たり前で、確かにそれも美味しいけれど、でも体が渇望するのは、小さくて硬いあのたこ焼きの味になってしまう。
ずいぶん経って再訪した際、店がなくなってたときは心底ショックだったなぁ。
自作もしてみたが、30年も前のこと、うまく再現できないし。
そんなときに出会ったのが、ネットでの食べ歩きリポだ。
いつも覗いてるマニさんのブログ
たこが入ってない・揚げ玉・醤油だれ・かつぶし粉がかけられた「味覚焼き」だって?
ちょっと待て!
更に、筑豊中心ってことで最近見始めたなつさんとこのログにも。
似てるぞ。記事の印象が記憶と一致し始めた。
目指すは飯塚だ!!
たかがたこ焼きと渋るカミさんを、美味いもの食わせるから(実はうどんw「あぐんちゃ」参照)と説得して、探索ドライブに出発!
ずいぶん変わったり変わってなかったりする飯塚の町をちょっとうろうろするかしないかのうちに、あっさり店はみつかった。
mikakuyaki01.jpg
やっぱりこぢんまりした構えで、やっぱりばあちゃんが店頭にいる。
店内も満員で通りに駐車した車中でも出来上がりを待ってるようだ。
番号札をもらい、なんだかドキドキしつつ10分待機してようやくゲット。15個350円なり。
車に戻って包みを開けたとたんに立ち上る懐かしいその香り。
四角く固まったその容姿。
食う前からわかった。お久しぶり!!
mikakuyaki02.jpg
満を持して、ハフっと一個口にすると、ザラつくかつぶし粉とあっさりした醤油の味が、また噛みこむとネギと揚げ玉の風味がにじみ出てくる。
あの頃より上等な味になった気もするが、もう間違いはない。
一人一パックずつ食い終わって、すぐさま店にとって返す。
もちろん”お土産”を買うため、そして確信を事実とするためだ。
待ち客は引きも切らず、再び待機すべく札をもらうが、その際おもいきって尋ねてみた。
「昔、嘉穂町の大隈でやってらっしゃいましたよね?」
大将はにこやかに「はい、あそこでやってました。」と答えてくれた。
ああ、ありがとうございます。これで、この30年来のセンチメンタルジャーニーが完結します。
それから合間に少しだけ聞けた話では、嘉穂町の店は40年ほど営業し、10数年前に飯塚に移転したそうだ。
いまや飯塚の名物。ソウルフードである。
長かったなぁ。そうだよ。自作してもうまくいかないはずだ。そもそもたこ焼きじゃないしね。
品物を受け取るとき、「今度は店内で食べてくださいね。もっと美味しいですから。」と言ってくれた大将。
もちろん。また来るきね。


飯塚市本町8-7
スポンサーサイト
「あぐんちゃ」 ともだち!
「めんの里 あぐんちゃ」
ざるうどん 400円
いか天うどん 320円

以前マニさんのブログで読んで気になってた店だ。
aguncha01.jpg
店名の由来はなんなのかな?と思って調べると、沖永良部の言葉でともだち。
そういえば島の写真がかけてあったぞ。
店内の掲示では系列店に「さぬきや」「与秀庵」「百花亭」などがあるらしい。
一番の売りは、使用している水。”RO”なる特別な濾過を施した水らしく、販売もしていた。
と、給水器に張られた説明書きに見たことのある文字が。
”NASAの水”
たしかこれは、かつては博多区、現在は城南区で営業してる「長寿ラーメン」がうたい文句に掲げていたものだ。
ここのはそのうどん版というわけか。
オペレーションはセルフ方式で、注文の札を出して支払いを済ませ、品物は自分で席に運ぶ。
ざるや釜揚げは時間が掛かると書いてあって、つまり茹でたてってわけだ。
番号を呼ばれてブツを引き取ってくる。
aguncha02.jpgaguncha03.jpg
なんと、ざるといか天で麺の太さがずいぶん違ってるではないか。
ざるの方はかなりの細うどんで、太い冷麦くらいか。
まずやや細め程度のいか天から味見してみる(足が速いからね)。
うん、コシは適度で、かつ薄いぬめり肌がすめをよく掬ってくれる。上出来のうどんだ。
出汁は昆布と鰹節か。あっさりとした後味がうどんのキャラクターによく合っている。
かたやざるはというと、その極細の肢体にしては意外なほどクリクリとした強めのコシで、喉越しも気持ちがいい。
結構な硬さがあるので、普通の太さではもしかしたらただ硬いばかりのうどんになりそう。それを避けるための意味もあるのかな。それとも単に待ち時間の短縮目的かもしれないし。
ただ、どちらにせよ好みで言うならやや方向が違うわけで、釜揚げなら太い揚げたてが啜れるだろうから、今度来れたらチャレンジだ。
ツユはご他聞にもれず甘いので浸け過ぎに注意。ただし、すっきりくどくない後味は、素材の水ゆえだろうか?
なんだかんだ言っても、どちらの印象も良かったんで、俄然釜揚げに期待が高まる。次回!

飯塚市忠隈348-1
10:00~22:00


「地車(だんじり)」 本日のパフュ~ム
「地車」
えび天うどん 540円
天ざるうどん 920円
おろしうどん 580円

数年前初めて喰った時にはその喉越しの良さに唸ったここのうどんも、当時よりやや太めになって、以前のシュルリとしたしなやかさから一転、コシの強さが前面に出て男っぽくなった感じだ。
まあ、温かいメニューでは当然足が早くて、すぐにホクホクと柔和なコシになるのだけど。
danjiri04.jpgdanjiri05.jpgdanjiri06.jpg
ざるやぶっかけのツユは当時からかなり甘く、今回も然りだ。
そしていつでもなやましいのが温うどんのすめ。それが大将の創意からなのか、たびたび印象が変わるから気が抜けない。
さて今回、甘めなのは依然としてだが、独特の香が鼻に抜ける。
濃い魚系の出汁の香だ。
パッと頭に浮かんだのは、鯛とか甘鯛とかの吸い物。
食べ進むうちに馴染んで気にならなくなるけれど、一口目に受けるインパクトの強さはけっこうなものがある。
ああいう味わいが出る出汁素材っていったいなんだろう?
どなたかご存知でしたらご教示ください。


大野城市乙金東2丁目18-10
TEL092-504-1686
「リストランテ サン・ヴィバン」
うどんのことばかり書いてるからって、うどんしか食ってないわけではない。
たまには違うモノもってことで、特に美味かったり安かったりした食事については、サクっと紹介していこうと思う。

記念すべき初回は宇美町のイタリア料理屋「サン・ヴィバン」だ。
ここは岡部病院って言う大きな病院の食堂を改装して昨年オープンした。シェフはイタリアにも渡って修行した人。
昼のランチが一押しなのだ。
stvivant01.jpg
サラダ
stvivant02.jpg
パンとスープ
手前のはバター代わりのオリーブオイル
stvivant03.jpgstvivant04.jpg
メインはパスタか一品料理、どちらかをチョイスする
この日のパスタはベーコンとジャガイモのクリームソース
カッペリーニだっけ?細いスパゲティ
一品の方は鶏の腿肉セモリナ粉揚げ

野菜の美味さは特筆モノ!

これでなんと735円ですよ!

糟屋郡宇美町明神坂1-2-1
tel092-957-6766
平日 9:00~18:00
土日祝9:00~14:30



「あづみうどん」 つにてんてん
「あづみうどん」
ごぼう天うどん 300円
ざるうどん 370円

久留米ゆめタウンのすぐそばで、かつリーズナブルな価格設定というわけで、昼時だったこともあり大賑わいだった。
この「あづみ」と大宰府にも進出した「あずみ」ってなにか関係あるのかな。
間抜けなことに、字の違いに気づくまで、同じ系列の店だと思っていた。
adumi01.jpg
さて、注文後すぐにざるが出てきたが、うどんがかなり細めで、やっぱり調理時間節約の回転重視した選択かと思えなくもない。
adumi02.jpg
しかし、その細さに相反して小気味良い弾力や引きの表情が思考をポジティヴに反転させてくれた。
なによりこの手にありがちな演出がそう感じられず、非常にナチュラルだったのが好印象だったのだ。
味わってみると、なかなか懐の深いうどんじゃないか。
甘く重いツユは地域性だし決して悪くはないが、きりっとした辛目のツユも試してみたくなる。
温メニューのうどんは茹で置きだろうか。ざるに比べるとかなり優しい食感に変わる。
すめも突出した主張はなく、万人に受け入れられるおとなしいすめだった。
adumi03.jpg

久留米市新合川1丁目5-43
TEL0942-44-0246
nanohana01.jpg
「太昌うどん」 ん~、ちっごホリック?
「太昌うどん」
ごぼう天うどん 390円
もやしうどん 340円

国道3号線沿い。久留米から南下して広川インター入り口を越えたあたりにある。
以前はもっと先で営業していた(当時のへのさんのリポあり)。
筑後に多い釜揚げの店だ。
taisyo201.jpg
好みの太めのうどんは、水で〆てないので肌合いは緩く、かつボディーはモチモチしている。
食感を考慮したブレンドの形跡はあるか?ちょっと演出の気配を感じなくもないが・・・。
加えて麺線もストレートで優等生的に端正である。オモシロうどん好きとしてはその端正さが惜しいなぁ(あくまでも個人的に)。
そしてうどんに絡むのが昆布強めのすめだ。濃厚な昆布出汁はどうしてこう、じゅわじゅわ唾がでてくるんだろうか。
やや高めの塩加減もあいまって、またまた注文したもやしにも負けてない、パワーのあるすめだった。
トータルしてここもまた、この地域のレベルの高さを支える一店だと言って間違いないだろう。
taisyo203.jpgtaisyo202.jpg

八女郡広川町大字新代942-9
0943-30-8811



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。