福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
200712<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200802
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「おたふく」 甘く切ないのすたるじぃ
「おたふく」
ごぼう天うどん 390円

otafuku01.jpg
博多の町の真ん中にあって、ここも結構な歴史を感じさせる店構えだ。
レトロな店内には壁一杯に品書きが貼ってある。
見渡すとうどん類はもとより、チャンポン(醤油とトンコツが選べる)やラーメンもある。
博多では珍しいもやしうどんに、それから多分仕入れによっては鰯天うどんもあるみたいだ。
さすが商売の町だけに、客の方を向いた熱心さが伝わってくるね。
otafuku03.jpg
太めのうどんは茹で置きで、ボヨボヨとした典型的な食堂系。
まぁ、麺の茹で置きはこの際容認するとして、なんか一口目が水臭いのが気になった。
地域の水道水がそういう質なのか、他に要因があるのか、以前にも別の店で経験したのを思い出した。

すめは甘め・・・ってレベルじゃなくて、かなり甘い。これまでの経験中で、きっとここがマックスだ。
たっぷり砂糖なり味醂なりが使われているようだ。この辺の感覚もレトロって言えるかもしれないな。
加えてフリッター風のごぼ天も相まって、なんか御馳走を食べたあとみたいな、どっかりとくる食後感である。

かつては、博多の街に出てきて寿屋とか川端とかで買い物した人々が、昼になったらこんなうどんを啜って、賑やかに談笑してたんだろう。
スポンサーサイト
「つくし」 風呂が欲しくなる造り
「うどん茶屋つくし」
生醤油うどん 400円
ごぼう天うどん 500円
えび天うどん 600円

白水池の児童公園向かい側、たしか以前は居酒屋だった場所に、つい先日オープンしたばかりの讃岐うどんを謳う店だ。
tukusi201.jpg
この日、入ったのが夜8時近かったんで先客はなし。小奇麗で広々した店舗を貸しきり状態という、なんとも贅沢なうどんと相成った。
広くて余裕たっぷりの全座敷・掘り炬燵席に慇懃に案内され、かしこまりつつメニューを拝見する。
tukusi202.jpg
!お!安いじゃん。
かけなら350円だぞ。これは嬉しい。
家族が温を注文したんで、こちらは生醤油でいきましょう。
待ってる間に奥を覗くと壁に口上が掲げてあって、利尻静岡鹿児島熊本うんぬんから昆布本節宗田に鯖に潤目煮干かんぬんを取り寄せて、うどんとかとにかく吟味されてると書いてある。ふむふむ。
まず温から来たので、横から一啜り。若干細めで、所謂讃岐というには優しいコシのうどんである。
反面、すめは昆布の効いたこちら風じゃなくて、節や煮干しがガッツリと前面に出てるあちら風の味わい。
うどんは風土に合わせて女っぽくしたが、出汁に関しては主張を翻さずというところか。
好き者には色んなうどんが楽しめていいんだけど、過去幾多の先遣隊を見てきた限り、多分ここがメインターゲットにするファミリー層への受けはどうだろう、と余計な心配をしてみたり。
トッピングの天ぷら、特にごぼ天は調理具合が好みで、ゴリっとうまかった。
tukusi204.jpg tukusi205.jpg

続く生醤油。こっちも優しげなんだが、締まってるぶん麺の感触がよくわかり、美点が見えてくる。
まずナチュラルにぬめる肌。そして微妙な捩れ。それを啜るとき、複合的な快感がある。
こいつは舌で愛でてこそ楽しいうどんだ。そういう意味では福岡うどんの味わい方に似てる。
辛口の出汁醤油は、すめ同様に譲れないものを表しているのか、なかなかに硬派な塩梅なのでかけ過ぎには十分注意されたし。
tukusi203.jpg
・・・・・しかし、薬味に生姜がなかったようだけど、そこは必須じゃないのかな?

最初は「また讃岐系か・・・」なんて思ったりしたのも事実だが、実際食ってみるとやっぱり嬉しい新店。
この立地で、この大きな店舗で、って疑問もあるけど、うどんに関しては雑念なしだ。
また食いに来たい。そう、今度は午前一番のを啜ってみたい。


ところで、うどん打ちは厨房裏でやってるらしい。せっかく広いんだから、店舗内にブースを作って打った方が拘りをアピールできるんでは、と思った。




春日市大字上白水1311
たしか11:00~21:00


<おまけ>
生姜といえば、最近のマイブームがコレ「ディアボロ・ジンジャー」。
今のところ那の川の某スーパーでしか見かけない。
DVC00009.jpg
このほか美味しいジンジャーエールご存知ないですか?
「琴平」 麺は人を映すか?
「琴平」
ざるうどん 500円

入店の時刻はもうすぐ昼って頃合いだったか、ちょうど、すぐ横の麺打ち場で大将がガンガンとうどんを打ってるところだった。
いいタイミングだ。
前回の温うどんはなかなか良かったし、今日はコレって決めてきたざるにも俄然と期待感が高まってきたぞ。
さっきから大将が打ってるうどんは、繁忙時に備えて茹でられ、スタンバっているのだろう。注文して程なく運ばれてきたやつを早速啜りこむ。
やっぱり打ち立てだ。コシも弾力もしっかりしてる。
でも、暴れる硬さは無くて柔らかくしなやかだからスルスルと入ってくる感じ。
ツユもやや薄めで、かつ甘め。
出汁の香りに、薬味を加え入れると更にいいバランスが成立する。
こういう優しい印象って、さっき見た大将の漢っぷりとは合わない気もするけどなぁww。

なんて思ってたけど、勘定を済ませて店を出る背中に挨拶する笑顔は、なるほどファニーなキャラクターがのぞいてましたとさ。


福岡市中央区赤坂2-2-47
tel 092-781-5528
サンドアンドドッグズ ざ わーるど
こういうのもたまには喰わないとね。

ドイツソーセージの「ゲーテハウス」
goethe01.jpg
チョイスホットドッグは好きなソーセージ・パン・ソース・トッピングが選べる。
わりとリーズナブルに色んな味が楽しめる(だいたい400円台)。
チーズのトッピング
goethe03.jpg
トッピングなしもできる
goethe02.jpg
 
福岡市中央区薬院2-16-1
10:00~19:00
月休


沖縄から来たアメリカ~ンなハンバーガー「バーガーズ」
burgers01.jpg
どれも良い肉が使われててジューシー。
チーズバーガーのスモールサイズ500円(レギュラーサイズはマックなどより大きめだ)
burbers02.jpg
ザ シンプル ワン!ホットドッグ580円
burgers03.jpg
種類も多くどれも美味そう・・・でも、アボガドだけはかんべんな。←一番人気らしいが苦手で・・・
福岡市南区野間2丁目5-13
TEL 092-512-1259
11:30-22:00

マンガ肉みたいなのをナイフで削いで喰うトルコのアレ。
イオンモール内のパワコンストリートにある「ケバブサンド」
kebabu01.jpg
残念ながら1月20日までの限定だ。
これはビッグ580円でガッツリいきたい。
kebabu02.jpg

糟屋郡粕屋町大字酒殿字老ノ木192-1



<おまけ>
セブンイレブンのベルギーチョコレートまん120円
choco01.jpg
かなりの甘さで、うっぷ
「たけ」 癒されたー
「たけ」
ざるうどん 500円
ごぼう天うどん 500円

箱崎宮脇の県立図書館角を曲がって200mほどの所、小さくて目立たない店だ。
take01.jpg
暖簾をくぐると厨房には爺ちゃんが一人。なんだかシンとした空気が満ちてるような、時間がゆっくり流れてるような。
謂れの無い若干の不安を感じつつ、自然に注文の声が大きくなる。
爺ちゃん聞き返す。不安メーター微上昇しつつもオーダーは了解された模様。
ゆっくり調理に取り掛かる様子を見つめる我等。

その時、「いらっしゃいませ」って声とともに入り口から小柄な婆ちゃんがネギを抱えて入ってきて、そのとたんに空気が一変した。
どうやら爺ちゃんの相方がご帰還のようだ。
一言二言厨房と言葉をかわすと、席の方にやってきてお茶を出してくれたうえに、「よかったらどうぞ」と新聞を勧めてくれた。
テキパキした一連の動作に年季がにじみ出ている。
ああ、この店ってずっとこのコンビネーションでやってきたんだろうな。
ただ鄙びてるんじゃなくて、ちょいと味があって良い雰囲気じゃないか。
初めて入った店なのにまるで常連だったかのように、永く続いてほしいと望む気持ちが自然に湧いて、それが仄かに可笑しかった。

さて、そんな当店のうどんやいかに。
見た目は色白マットで中くらいの太さ。自家製かどうかは、?
だけど口に含んだ時の粉の香りは◎。
ザックリポックリしてて売りに出来るほどのコシは無いんだけど、混ぜ物を感じない充実感がけっこう好みに引っかかる。
すめは節の香り豊かで、かえしが効いた、"蕎麦屋のうどん"だ。
軽く歯ざわりのよいごぼ天も流石の仕事である。
take02.jpg take03.jpg


福岡市東区箱崎2丁目10-33
TEL 092-651-4028


<おまけ>
ウエスト空港通り店(博多区)で見かけた正月限定メニュー"ふく天"。
誰か食べた方、いらっしゃったら感想聞かせてください。
westtoukou13.jpg
topics
メールにて教えていただいた情報
那珂川町の「大野」・・・・・ここのところ暖簾が出てないそうだ。  閉店かなぁ。

通りがかりに見た現実
太宰府市の「丸屋」・・・・・空き店舗になってた。

ネットで拾ったニュース
カラオケの「コロッケ倶楽部」、敷地内にうどん中心の飲食店を展開する計画有。

私的にはわりと重要な変化
「小麦冶」のかけうどん(140円)にデフォで入る天カスのプロフィールが変わってた。
・・・昨年末あたり?から、サラサラなフレーク状になって、すめを侵食する!
komugiya10.jpg
「満月」 とうちゃんの夢、満つる
「満月」
ごぼう天うどん 450円
野菜天ぶっかけ(冷) 600円
月見ぶっかけ(温) 480円

"豊前裏打会"に新年1月3日新たに加わった気鋭の新店。
大将は脱サラで、ブログを通じて知ってた人なので、心待ちにしたオープンだ。
ちょっと迷ったが三ヶ森のサンリブ近くに店舗を発見。車を停めてるとチャリの人物が手を振ってる。
!へのさんだ。   まさかここまで自転車っすか!?輪行ですね。そうですよねw。
ああ、迷わなければご一緒できたな。
そんなこんなで入店。新しい店内は気持ち良い。
mangetu02.jpg
会うのは初めての大将に挨拶して、注文は温のごぼ天と冷の野菜天ぶっかけ。
メニュー裏にはやはり冷やのぶっかけがお薦めとある。
mangetu04.jpg mangetu03.jpg
待ちは10分弱か。まず運ばれたぶっかけの器には、凛とした細めのうどんと揚げたての野菜。見紛うことなき裏打会の一杯だ。続くごぼ天も同様。
一党の磐石さを成している主な要素はやっぱりこれに尽きるだろう。鮮烈な印象を与えるうどんと天物の組み合わせ。拘りの維持が客を飽きさせないのだと思う。
さて、うどんの感想だが、お薦めの冷はかなりシャープ。コリっとする程のコシがあるけれども、肌一枚ムチっと粘る感じ、および弾力のある伸びが単調さを退けている。
その点では、追加注文したあったかいぶっかけがもっと艶かしく肌蹴た印象で、個人的にはより好みだった。
mangetu05.jpg
特に玉子を絡めて啜る食感は、組み合わせとしてベストじゃないかな。
温うどんのごぼ天にも注文をつけるところはない。特徴が無いという意味合いじゃなく、実に丸い味わいだった。さすがに天ぷらのキャラクターに持っていかれる部分はあるが、基本のうどんとすめに何の問題も見えない。
しっかりプロフェッショナルな仕事が成されてると思う。
それは、釜の前、カウンターの上に置いた熟成中のうどん生地を、時折くるりと向きを変えて均等に熱を当てている、そんな大将の拘りぶりに如実だ。

ちょうどそこに来店してた「津田屋官兵衛」ごまひげ師匠の顔もにこやかだったことを付け加える。

北九州市八幡西区三ヶ森3丁目11-3
TEL 093-613-6567
11:00~16:00
17:00~20:00
1月の休日は15日・23日
今後の詳細はブログ
[「満月」 とうちゃんの夢、満つる]の続きを読む
「桜島」 目前に聳えるは
「桜島」
ごぼう天うどん 450円

sakurajima01.jpg
高砂界隈を通るたびに、看板の「ちゃんぽん うどん 桜島」ってのが目に入ってた。
見かけはお世辞にも美しいとは言えないが、昼の店内はけっこう賑わってるし、出前のバイクも忙しそうに出入りしてるし。
そんなこんなで気にしつつ機会が無かったのが、先日やっと喰ってみることができたのだ。
さて、定食やら麺類やらごった煮のメニューよりごぼ天を選んでからしばし観察してると、どうも人気はから揚げのようである。
と、座ってるカウンターの向こう側でちょうどそのから揚げの調理が始まった。
良い音をたててガンガン揚げられた鶏肉が積み上げられて、あたかも鹿児島の海に聳える桜島のごとき様相だ。屋号の由来がここに明らかにっ!!
・・・なんてことはあるはずも無いが、さすがに人気メニュー。なんとも美味そう!しかも盛りがいいんだ。
同時にコンロ前では大量に野菜が炒められてて、これまた声掛りの多いちゃんぽんに仕上げられていく。こっちもなかなかそそるなー。
かと思うと、"卵は地鶏のものに拘ってる"とかさりげなく書かれてるんで、そっち関係のほうも気になるぞ。

てなふうに目移りしてると、うどんが出てきた。
sakurajima02.jpg
当然ながら出来合いのファーストフード的な麺と甘めのすめ。昼飯屋としては常道かw。
ごぼ天は初めがカリカリ、あとフンワリ。これはけっこう好みだった。

しかし印象に残ってるのは、喰ってもいないから揚げの姿ばかり。
次回もし機会があれば、あの鶏肉の山を崩したい。

福岡市中央区高砂2丁目1−21
平日 11:00~20:30
土曜 11:00~20:00
日祝休
今年もよろしくおねがいします
皆様、旧年中は多数ご訪問いただき、ありがとうございました。
こんな、怠け者を露呈しまくってる拙ブログですが、今年も"それなりに"努めて更新しようと心に決めおる次第です。
どうぞ変わらぬご愛顧のほど、御願い奉りまする~~~。


                                      OGT
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。