福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
200805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「峰松本家」 さらにドン!
「峰松本家 本店」
どんめん 892円
カレーどんめん 1050円
鍋焼きうどん 1260円(たしか・・)

minematuhonke01.jpg
元はかまぼこ屋の当店。立派な構えである。
で、峰松即ち”どんめん”だ。お客はみんなそれを食ってるといってもいい、人気メニュー。
minematuhonke02.jpg
大きな丼に盛られたチャンポン風うどんは、なかなか喰い応えがある。
世にチャンポンうどんは数あるが、ここでのポイントは、麺の太さだ。
界隈で知る限りもっとも太い麺線が『俺はうどんなんだぜ!』と強烈に主張してて、実にたのもしいのだ。
今回はそいつのカレーうどん版にトライしてみた。
minematuhonke03.jpg
最初は、スープにカレー粉で風味付けしてるのを想像してたが、ちょっと違ってた。
薄味のレギュラーどんめんの具に、たっぷり濃い目のカレー餡がかけられた、2段仕立てになっている。
うどんは最下層。掘ってもなかなか出てこない。
なおかつ、掘り返した際の具がガードしているんで、うどんにカレー餡が絡まない。
だから、カレーうどんを味わおうとすると、野菜の堰を壊しつつ、カレーを纏わせて食うってことになる。
ふうふう汗をかきながら、じたばた屠っていくうちに汁が馴染んで、状況はだんだんと”カレーうどん”になってきており、そのときにハタと気づく。
タダでさえ嵩の多いどんめんに、更なるカレー餡。これを飽きさせずに完食までもっていくには、一ひねりのアイデアが必要。
次第に変化する味の構成こそが、それだったのではないかと!

多分、ハフハフ無理な呼吸を重ねたため、朦朧となりつつある意識の中で、そんなことを思いつき、悦に入ったひと時なのだった。

minematuhonke04.jpg
チビは、メニューの中に発見した鍋焼きに飛びつき、やっぱり汗をかいてた。
世間は初夏だと言うのに、ご苦労様である。

しかし、どの個性にも負けないここの太うどんはいい。
きりっと締めて辛めのツユで啜ってみたいが、残念ながらざるだけは細めんなのだ。ご注意を。



福岡市博多区立花寺1-9-34
TEL092-503-3687
11:00~21:00
休 元旦のみ
スポンサーサイト
「山忠」 ン~、ニャやましい状況だニャァ 
え~、記事タイトルには、<それは○ャンチュウだ>って突っ込んでいただく方向で、ひとつ。

「山忠」
ごぼう天うどん 380円

看板には讃岐うどんと書かれている。せっかくの遠征で、地元風じゃないのを食うのも癪だが、けっこう賑わってるのでこりゃあ美味いに違いないと、入ってみることにした。
yamatyu01.jpg

メニューは多彩。しいたけ天とかわかさぎ天、白身フライうどんなんてのもある。
しかしまあ、初回だし、380円と値段もうれしいごぼ天を注文。

yamatyu02.jpg
ばらけた太さで、やや捩れた見かけが、いかにも自家製だ。
肌にぬめりがほとんどなくて、更にコシもあって、なかなか良い気持ちで啜れる。
喉越しが楽しいうどんである。
塩っけが強い所が、看板通り讃岐らしいところか。
すめから香るのも、節>昆布だしね。

しかし、来るたびに迷う対象が増える。
悩ましき久留米路・・・


久留米市東櫛原町1105-1-1F
TEL 0942-35-3230
11:00~20:00
休なし
「井の屋」 うどん一啜
「井の屋うどん 古賀店」
かけうどん 280円

古賀インター入り口近くの3号線沿いにある、けっこう大きな店舗だ。
inoya01.jpg
厨房付近に掲げてある口上書きには、「常に釜出ししてるので、時間がかかる」旨謳われている。
入店した時間帯は先客なし。
こういうヒマな時でも、揚げたてを供してくれるのなら、ありがたいことだが。

inoya02.jpg
程なくお出でましたるは、中肉中背肌は色白。そのツヤに見るところ演出系のようだけど、ありがちに細身でないところが、妙齢を感じさせる艶姿。
頬張って噛み込んでみると、ふわりとした中にも芯には優しげなコシがあって単調ではなく、けっこう作りこまれた印象を持った。
ちょっと見は心許ないけれど、頑張って生きてます、みたいな。庇護欲をそそるというか。
そしてすめは、啜った瞬間の節の香りが、ぱっと開いた華のようである。
これもまた、”狙ってるな”感がヒシヒシと伝わってくる。
うーん、このキャラクター、まるで80年代下宿ラブコメのヒロインのようではないか・・・・・。


なんて、かけうどん一杯にそんな妄想を膨らませる、遅い昼餉なのだった。


古賀市今の庄3-18-6
TEL092-943-7030
11:00~22:00

こんな特典あったんだ。しくじった。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。