福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
200812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「鳴門うどん」 夢に出そう
「鳴門うどん 筑紫野店」
とりごぼううどん 450円
えび天うどん 450円
肉玉うどん 500円

久し振りにトリプルくんに会いに行く。

つけ麺が食いたかったんだがメニューにはない。ありゃ、期間限定だったか?
んじゃ、別メニューにあったとりごぼうにしてみようか、とオーダー。
日曜のブランチ後なので、3玉は自重。おやつも食うので2玉も自重。ふふふ、大人の余裕だぜ。
で、出てきたおおぶりな丼だが、あれ?ちょっとうどんが減ったかな?
それに食感も印象がまた変わったような気がする。
前回(ずいぶん前だが)はけっこうナチュラルで好みの肌合いだったけど、今回は冷凍うどん風。開店当時がそんな印象だったな。
ただ、粉感や密度の高さには個性があり、ライバルの大衆うどん店「ウエスト」「小麦冶」「牧の」のどれとも違う食感なのが面白い。たまたまか、或いは敢えてこのニッチ路線を狙ったのだろうか。

すめは基本的に甘め。少しくどさがあるんだが、これに具、特に甘い味付けのものが乗ると落ち着いた具合になるから不思議である。そう、今回注文したとりごぼうなんかがまさにソレ。
メニューの紹介にも、まずすめを啜れと書いてあるではないか。
ポチポチ浮いてる鶏油の旨みやごぼうの滋味が甘さでまとめられたって感じだ。
肉玉のそれと飲み比べたときには、牛肉の臭み消しにほんのり香る生姜を発見できたり、ちょいと楽しめた。

それにしても客が多い。こっちはすぐに座れたが、後から後からどんどん増えて、みるみる行列が・・・余裕なんぞあったもんじゃない。不況だからこその大衆うどん人気か。そう考えると悲喜こもごもな風景だ。
しかし、この際に勢い付いて攻勢をかけてるこの会社は、久留米に配送センターを置き、新店の展開を開始した様子。つい先日も那珂川町に一店オープンさせている。
そういえばなるほど、うどんもすめもセントラルキッチンっぽい特徴はあるなぁ。
ただ、メニューには"手打ちの味"って載ってるが・・・
まさか、久留米の配送センターには何十人もの手打ち職人がいて、フロア一杯の彼らがわっしわっしと一心にうどんを伸ばしてるなんて絵が・・・・
夢に出そうである。


筑紫野市杉塚2丁目6-15
TEL 092-923-8484
スポンサーサイト
「和助」 見かけに依らず
「和助」
釜玉(大) 550円
肉うどん 530円
具だくさんうどん 550円

豊前裏打会より、福岡進出の次峰となる。
既にあちこちのブログで高評価な精鋭に、おっとり刀でチャレンジしてきた。
入り口付近には待ち客があるにもかかわらず、店前の2台分の駐車スペースが片方空いてたのはラッキーだった。
カウンターに座ってからも、テーブルが空けば「そちらに」と勧めてくださる歓待ぶり(ちょっと写真撮影には不向きな照明だったけどw)とは、こりゃついてるね。

カウンター上には熟成中の生地が並んでる。これって輝さんの「満月」でも見た光景だ。
厨房内では、スタッフが「タイマー止めま~す」とか「”(天ぷら名)”入りま~す」とか、声出しながらの連携作業が続けられ、客の回転も滞ることはないようである。

最初に釜玉(大)がやってきた。
wasuke02.jpg
これがけっこおな迫力で、裏打会らしい細めのうどんが多分2玉分なら、玉子も2個。
上にのっけてある玉子に出汁醤油をたらして大急ぎでうどんの下へもぐらせたら、さあ混ぜろ混ぜろ!
グリグリやって、半熟のそれを纏ったやつを隣のチビに示して、"これが釜玉ナリ"と講釈をたれる。
しかし、細めで大盛りとなると、うどんが盛大に絡み合って『啜る』という行為がかなり困難な状態に・・・。
ではあるが、ここで感心したのがうどんのしっかり感だ。
絡み合ったのを強引に引っ張って啜っても、切れない。おお、っとあわててちょいと醤油を追加でたらして潤滑させて飲み込む。
そうかこれは、飲むタイプのうどんだな。と判断してからは、ひたすら喉越しを味わうことにした。
適度なコシとピンとした引きが、なんとも楽しい。

そうこうしてると、肉うどんが来た。
wasuke03.jpg
そこそこ食った後で味見させてもらうと、温でもやっぱりコシは逃げてない。みおせるさんが書いてたとおりだ。
肉にはみじんのごぼうが混ぜてあるところとか、ひと工夫が見える。

更に具だくさんが。
wasuke04.jpg wasuke05.jpg
と、ここで痛恨の事態発生。天ぷらが間に合わなかった。
裏打会への期待の最たるものは、この天ぷらと言う人もいるだろう。
すぐに別皿で運ばれて来たけど、やっぱり新店のオペレーションは大変みたい。人気店なら尚更か。がんばれ。

今回、すめをじっくり味わうのはおあずけ。一方は肉だし、もう一方の具だくさんもワカメが入ってたんでその風味が勝っていたからだ。
楽しみは、先に取っておくとしよう。
wasuke01.jpg


福岡市城南区鳥飼5-2-54
TEL 092-851-0070
「星野庵」 al dente
「星野庵」
ごぼう天うどん 400円
ざるうどん 470円

場所は辺鄙で営業時間も短いときて、ネットでもほとんど情報がなく(それでもマニさんは食ってるわけでw)、存在に気づいてから実際に食うまで、けっこう時間が経ってしまった。
hosinoan01.jpg

早めだったのでガランとしてたが、馴染み客は気さくに新年の挨拶をしつつ来店する、そんな午前中。大将はけっこう若いな。
うどんは店内のブースにて、自家製麺されてる様子。

hosinoan02.jpg
まず、ごぼ天。うどんは中細で、強めのコシ。あったかいすめに泳いでいてもピチピチしており、もともとの歯応えが容易に想像できる。ならば・・・
と、その前に温うどんの印象だが、最初ちょっと水臭さが気になった。すぐに感じなくなったが、あれは何でだろう。
張りのある麺に合わされるすめは、極すっきりした味わいで、啜り終えてみればなんとも清々しい一杯だった。

さて、なかなか食う機会もなさそうだし、続いてざるも注文する。
hosinoan03.jpg
想像通り、極めつけの強コシ。細いくせにぎゅぅぅぅっと芯まで抵抗する歯応えだ。
かなり顎が疲れるが、喉で楽しむことがお好きな向きにはオススメである。
ツユもこれがまったくべたつかない端麗タイプで、温・冷ともにここまで威勢よい形に割り切ってるところが、なんとも快感ではないか。
一期一会じゃぁ惜しいし、どうにか機会を作り、また来よう。

佐賀県鳥栖市飯田町前田65-8
9:00~16:00
「ウエスト」 今年も何杯食うことやら
「ウエスト」
具雑煮うどん 500円
野菜ぶっかけ 480円
きのこかき揚げうどん 450円

正月限定具雑煮うどん・・・でもこれで具雑煮って言って、島原の人に怒られないかな。
westumi04.jpg


あれ?今年の初うどんだっけ。
というくらいに、何の感慨もなく啜ったのが真夜中のウエスト。
正月でもちゃんと開いてる。いつでもうどんがある。
で、そこそこ良い味だしてる、ありがたいウエストだ。
それから数日も経ってないけど、今日も朝飯に入店。う~ん、今年はウエストカード作ろうかな。

しかしほんの3、4年前まではそんな気にはならなかったがなぁ。
店の形態もバラバラだったし、接客や具の中身にさえ統一感が欠けていることもあったし。
実際、入ってみてハズレだったという経験も、少なくはなかった。

こっちのうどんらしさを演出した冷凍麺。
店で仕込んで、出来合いっぽさがないすめ。
客から見えるように、その場で揚げられる天ぷら、など。
ウエストの成功は、そのシステムを統一できた所にあると思う。
こいつは結構な苦労だったに違いない。

あともう一つ、別方向での美点。
ウエストの店舗は、オッちゃんやオバちゃんとの距離が近い(と感じる)のだ。
店の大きさや客の視界、店員の動線とか、昔ながらの距離っていうか、厨房と客席の風通しがいい気がする。これは意図したものなのかなぁ。
特に夜中に入ったときとかは、なんか安心感があったりして。

といった具合に、今のウエストの印象は総じて悪くない。
チェーン店というと何故か付きまとう、マイナスイメージも湧かないし。
多分今年も、幾度となく啜ることになるだろうな。

・・・・が、最後に正直に告白すると、これまでにあんまりここのうどんを食いすぎたので、最近はよく蕎麦を注文してます。スミマセン。


アップしてなかった限定もの
野菜ぶっかけ モミジオロシがアクセント。温でもおもしろそうだった。
westtoukou16.jpg

きのこかき揚げ 衣が重くなるのが惜しい。
westtoukou17.jpg

それでもって、現在知る限りベストなウエストがこいつ。
須恵店の野菜(そば)。ここは何時入っても良い仕事してる。
客商売たるもの、丁寧さという付加価値を見くびってはいけない。
westsue04.jpg
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。