福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
200905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200907
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「岩屋うどん」 これからが旬
「岩屋うどん」
ごぼう天うどん 490円

鳥栖から大和に抜ける"麺ろーど"県道31号の途中、神崎飯町交差点から背振方面へと折れて登っていく。
駆け上ってちょうど一息つく頃に現れるのがこの店。

いかにも峠の茶屋っぽい店内を奥へと進むと、絶景のテラスがある。
はるか眼下に清流を望む特等席だ。
iwaya02.jpg

この日はかなり日差しが強くて、真昼間のそれを頭から浴びるのは結構辛かったが、気持ちのよいせせらぎと山風で差し引きゼロ・・・ってことで善しw。
うどんを待ってると、川遊びを終えてか、父子連れが店の脇道から登ってきた。
子供は汗をかきかき、楽しそうだ。
これが夏休みなんかになると、そんなファミリーで賑わうんだろうな。

さて、うどんである。"とりあえず"ごぼ天で。
iwaya03.jpg

麺はぶりぶりと踊っており、端正とは言いがたい。言い方を変えれば飾らず素朴。
その肌は醤油濃い目のすめを吸ってか色黒で、田舎っぽさが更に増す。
啜れば、茹で置きで緩い歯ざわりながら、芯には十分なコシを覗かせて、ちょっと気を惹く素振ってヤツだ。
肥前神崎うどんはあなどれないという所以である。

良い空気に、鼻に抜ける節の香り。印象の鮮やかさもひとしおだ。
ちょっと塩辛いのは愛嬌。ごぼうの歯応えも心地よし。

このテラスだったら、雰囲気はざるかな。暑いうちにまた来よう。

iwaya01.jpg


佐賀県神埼郡東脊振村大字広滝2364
TEL 0952-59-2934
火曜休
スポンサーサイト
「星野庵」 さまざまな顔
「星野庵」
あつたま 520円

久し振りの「星野庵」。
hosinoan01.jpg

先日、土日と祝日は19:00まで営業してんのに気がついて、なんかグッと近くなった感じ。
前回はあったかい汁ものとざるだった。双方の違いも堪能できたし今回はまた別の方向を、ということで、気になってた"あつたま"だ。
hosinoan04.jpg

あついうどんに玉子とツユを絡めるわけで、所謂"かまたま"なんだけど、敢えて呼び方を置き換えてあるのは直の釜揚げじゃなくて一旦〆たものなのかもしれない。
さておき、目の前に据えられたらば少しでも熱いうちに混ぜる!
で、満遍なく玉子を纏った所で啜る!
う~ん。玉子が少々冷たかったか、固まるまでは至らなかった。
しかし想像通り、ざるのときの強力なコシが緩和されて、ぽよぽよと優しげに表情を変えている。
よく出汁の効いたツユも好ましい。が、それに合わせる薬味に練り山葵ってのはちょっと?。
きっぷのよさが店の雰囲気だし、その方向での選択なのかもしれないけれど、ここはやや地味でも生姜の刺激の方がいいかなぁ。

おまけのおかずサービスは、素材がフレッシュで得した気分だ。
それにサラダの種にうどんが使われてたのは、眼からうろこだった。これはアリだな。


佐賀県鳥栖市飯田町前田65-8
9:00~16:00
土日祝9:00~19:00
「まるふくうどん」 人力うどんの中のひと・・
「まるふくうどん」
丸天うどん 280円

佐賀市街のはずれ。34号線沿いにある。
marufuku01.jpg

駐車場に車を停めてふと見ると、勝手口に麺箱が積んであって、そこには「人力うどん」の銘が。
そうか。「まるふく」のふくってのは、「人力うどん」の本社"㈱福山"の福ってわけだ。

marufuku02.jpg

肌は緩い仕上がりだけど、グミっとコシが演出されたうどんと、塩気・昆布の出汁が強く主張するすめのコンビは、いかにも大衆食堂的。
価格も財布に優しい。

佐賀市兵庫町若宮219-2
TEL 0952-24-6371
am11:00~am6:00
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。