福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
200909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200911
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「みの屋」 なぜか思い出す 
「みの屋うどん 松藤」
ごぼう天うどん 410円

客の見守る中、熟練の技で捌かれた骨だけの鯛が水槽に放たれる。
料理人が包丁の柄でその水槽の縁を軽く"トン"と・・・
なんと眼前で泳ぎだす骨だけの鯛!

って漫画を思い出しながら、上がりを待つ。
ほんの数十センチ向こう、ガラス越しに大将がうどんを伸ばしてんのを眺めつつ。

茹でられたうどんは、締めてから玉に揃えられている。

「みの屋」は釜あげじゃなかったっけか。ここは茹で置きのようだ。
回転が速い昼時だからかな。

minoyamatufuji02.jpg

やや細めで、長~い麺線。しゅるしゅると啜り上げるのが楽しいうどんだ。
で、柔らかめで優しい仕上げ。

ボディのしっかりしたすめは、オーソドックス=老舗の味わいである。

minoyamatufuji01.jpg

鳥栖市宿町721-31
TEL 0942-82-8221
スポンサーサイト
「博多商店」 濃厚アイコンタクト
「博多商店」
ごぼう天うどん 360円

え~、3ヶ月のご無沙汰で。

まだ暑い時にここの冷かけを食ってみたかったんだが、すでにメニューから無くなってるみたいだし、なんか中華そばも始めちゃってるし・・・。
hakatachaya01.jpg

シンプルな外観の店舗は中もシンプルそのもの。
店内に入ると正面に横長のカウンター。
厨房は壁の向こうで、その壁はカウンター間際に迫っている。
だからそこに腰掛けると、店員さんが目の前のとっても近しい位置関係となる。
う~ん、写真がとりにくいぞw。

デフォルトは讃岐風のうどんで、オプションで博多風が選べると書かれた張り紙アリ。
ちょっと迷ったが、今回は前者で試すことにする。

程なく運ばれた一杯の第一印象は、華やぐばかりの節の香りだ。
開店まもなくの時間帯で、フレッシュなせいもあるだろうか。
期待が膨らむ中いそいそと(店員さんの目を盗んでww)写真を撮り、箸を割る。
hakatachaya02.jpg

うどんはやや細めで、行儀の良い真っ直ぐな麺線。やや短め。
このツルツル啜れる肌とぱりっとした歯応えは、謳ってるとおり讃岐風なのかもだけど、ちょっと作為的な感じもする食感である。
冷凍なら2種類のうどんを用意するという手間のかかることもある程度容易になるだろうが。

すめの味わいはなかなかだし、ごぼ天も最初のカリカリ加減からしんなりするまで楽しめるし、これなら屋号に従い博多風のうどんを合わせたほうが雰囲気かな。
次回の宿題だ。


福岡市南区清水4丁目1-14
11:30~21:00
日曜休


topics
宇美駅から昭和の森に向かう道の途中に「筑前茶屋」なる蕎麦屋ができてた。
地元なのにまったく気づかず。迂闊。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。