福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201006
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「資さんうどん」 メニューチャレンジ編 その2
「資さんうどん 志免町店」
エビ天(かき揚げ)うどん 400円
かしわうどん 490円(つくねトッピング 150円)
上エビ天(2尾)うどん 540円
もずくうどん 400円(わかめトッピング 80円)
椎茸うどん 480円

門松店に次いでオープンした志免町店で、メニュー制覇の続き。
sukesansime01.jpg



殻付きのエビが使われたかき揚げはカリッと香ばしくて懐かしくて、自分的にはこっちが好きだ。
sukesansime05.jpg

甘辛味付きのかしわに、軟骨がコリコリ面白いつくねの角天をトッピングして、ダブル鶏うどん。
先日食ったかしわ汁の具を組み合わせてトリプル鶏にしようかとも思ったが、コショウがケンカしそうな気がするので、パス。
sukesansime02.jpg

上エビ天はけっこう立派なエビが。3尾660円にすればボリュームも申し分なさそうだ。
sukesansime04.jpg
でもしなかったところが小市民(笑)。

もずくうどんにワカメをトッピング。更にテーブルセットの"無料入れ放題"のとろろ昆布を入れて、これまさに磯の香うどん也。
sukesansime03.jpg
しかしもずくってのは、具としては存在感が薄いんだな・・・。

小ぶりな椎茸を甘辛く煮たのがコロコロ入った椎茸うどん。干し椎茸なんで、腹の中で膨らむのか、けっこう喰い応えあり。
sukesansime06.jpg


糟屋郡志免町別府3-15-7
TEL 092-292-5561
24時間営業
年中無休

スポンサーサイト
「平野屋うどん」 復活果たす
「平野屋うどん」
ごぼう天うどん 390円

筑後うどんの滑らかさと、ある程度の太さから来るコシのバランスが好みにフィットする。
つまり、スルルっと啜りこんで半ばで噛み込むとムッチンとした抵抗がある、ってそんな感じだ。
ライトなすめは、醤油の風味より出汁と塩加減で飲ませるタイプ。
で、ごぼ天の衣がフンワリしてて、これまたスルスルと舌触りがイイ。
hiranoya01.jpg hiranoya02.jpg


ところで、この店は去る5月10日に再建オープンを果たしている。
実は上記のごぼ天うどんを食った数日後に、なんと火事で店舗を消失してしまったという。
そして半年をかけて、同じ場所に新しい城を建て直したわけだ。
立ち消えてしまうには惜しいうどんだし、よかったよかった。

と書くと、いったい何時の記事を今ごろアップしてるのかってのも炙り出されるわけだが、それはまぁゴニョゴニョゴニョ・・と。



久留米市藤山町323-3
TEL 0942-21-3760
11:00~19:00
金曜休


「睦ちゃんうどん」 むっちゃん焼きとは関係ない
「睦ちゃんうどん」
丸天うどん 390円

うどんはやや平たい中細麺。
茹で置きの製麺所製だ。
それをテロンテロンに仕上げて、塩分やや高めの昆布すめと合わせてある。
この前、たまたまだが人力うどんの車が出入りしてるのを見かけたから、麺の仕入れ元は㈱福山かもしれないな。

mucchan03.jpg mucchan01.jpg

町の食堂でうどんと言えばコレ、ってな感じのスタンダードな一杯。
丸天はごぼう入りで、ちょっとお得感あり。


小郡市三沢25−11
TEL 0942-75-1807
夕方には閉店のため、注意されたし
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。