福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「こがね製麺所」 小さく振りかぶって
「こがね製麺所」
ぶっかけうどん(小) 290円
かけうどん(小) 190円
釜玉うどん(小) 380円

みおせるさんとこやへのさんとこで情報を得ていた、本日6月26日開店の新店だ。
kogane01.jpgkogane04.jpg
なるほど以前「せいちゃんうどん」があった場所。近くの高校に通ってた頃、先輩におごってもらったあの店を回顧したりする。
定食の入ったガラスケースは無論なくなってるものの、やっぱり狭い店内のレイアウトはギリギリ。
興味津々にどんどん入ってくる客、温と冷を間違えちゃうお兄さん、お釣りの小銭が足りなくて青ざめてるお姉さん。
溜まった行列がテーブルの一角をデッドゾーンにしかけている。
いかにも初日の風景だわいwww。
さて、讃岐を謳う当のうどんや如何に。
kogane02.jpgkogane03.jpg
啜ってみるとこれがなかなか上等。コシも舌触りも行き過ぎず、さりとて不足もなく、期待されるエンタテイメントをきっちり備えてるうどんだ。
今回はざるは試さなかったが、ぶっかけ出汁はたっぷりかけてあっても適切な塩気でズバズバ啜れるし、釜玉もしっかりカルボナってるし。ただちょっと、かけのすめはどうかな。あっさりし過ぎかもしれない。
それからどうしても最後までひっかかったのがメニュー表。
安いんだけど、この値段って(小)なんだ。
いや、(小)のサイズが一般にいうところの並に対応してるんならいいんだが、(小)はあくまでも小。並にあたるのはここでは(中)。
んじゃメニューには(中)の値段を載せてほしい。
せっかくのうどんが、(小)じゃぜんぜん食い足りないんだけど、(中)の値段がどこに書いてあるかわかんないんで注文を躊躇しちゃう小心者なんだからねっ。
というわけで、落ち着いた頃にもう一度来てみようか・・・
いや、来なくちゃならないだろ。
そんな期待を抱かせる店ではありましたとさ。

福岡市中央区六本松3-9-7
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。