福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「小麦冶」 age
「小麦冶 筑紫野原店」
冷やしやまかけうどん 390円
肉うどん 350円
えび天うどん 390円

確認のために書いておくが、「小麦冶」は"釜揚げ"の店である。
べつに釜揚げうどんが名物メニューとかって意味ではない。
ここでは全品が釜から揚げてそのまま丼に移して提供される。水では〆ない。
だから肌はふわりとやわく、全体としてもっちりした食感が味わえる。
同様な方式で代表的なのは「牧の」。筑後の一部とか、宮崎にも多いようだ。
〆ない釜揚げは足が速く、やわい。やわいけど美味い。美味いから客が定着する。
成り立ちをそう考えれば、博多人がただ闇雲にコシが無いうどんを好んでいるという認識が早計であるとわかってもらえるだろう。この現状は、やわ麺という文化と茹で置きというシステムが不幸な形で定着した過渡的な状況にあるに過ぎない。
釜揚げ方式の存在は、九州のうどんを他の地域のものと差別化する要素になり得ると思う。もっと活用すればいいと思う。
讃岐うどんに並び立ちたいのなら、まず売りの要素を絞って、ブランドの定義づけを確立しなければならないが、当地のうどん業界に目立った動きはない。
もったいない話だ。


さて、ここまで長々書いておきながら、実は「小麦冶」の冷やしは水で〆てある。揚げてるタイミングも早いかもしんない。
だって、こればっかりはズルズルなのって合わないからね。その点はご心配なく。
温とはまた違う、小気味良いコシも味わえる。

筑紫野市大字原824-1
TEL 092-924-2545
11:00~24:00
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。