福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「得正」 オンリーワンの境界って?
「得正 博多半道橋店」
カレーうどん 550円(丸得ランチA 650円)

(個人的な印象では)辺鄙なロケーションの遊戯施設「ラウンドワン」の敷地内にオープンしたカレーうどん専門のチェーン店で、福岡では博多駅中央街に続いて2店舗目になる。なんと24時間営業だ。
tokumasahanmitibasi01.jpg
昼時、まだ真新しい店内はサラリーマンで6割ほど埋まってる。
まずはメニューの口上を拝見すると・・・売りの筆頭はカレー汁かと思いきや、それよりも自家製のうどんにより重きを置いているようで、そう来るとなると俄然受けて立つ気持ちが昂ぶるというもの(笑。
まあ、ご覧じろ。「こんなうどん見たことも食べたこともない!」だ。
tokumasahanmitibasi03.jpg
突っ込みどころ(その時ちょうど生地を捏ねてたローラーの両脇に鎮座する精悍なマシーン達とか、こんなに高らかに澱粉混入を謳ってるの初めてとか)には目をつぶりつつ、玉子ごはん・サラダ・味噌汁の付くランチセットを注文する。
tokumasahanmitibasi02.jpg
カレー汁は片栗粉でとろみを付けた、すめで伸ばしてないタイプ。重いからテロテロうどんでは切れてしまいそう。
だから合わせる麺は讃岐風の太めで粘りの少ないものが必須となり、ここのうどんはまさにそれなんだが、口上通り艶やかに演出された肌に目が奪われる・・・というか実際半透明じゃないかこれ。
ここまでやるかとしばし呆けるも、とにかく啜らねば始まらない。飛び跳ねに注意しつつ、スルスルと吸い上げて噛み込んでみる。
え?意外と粉の感触が強い。見た目とは裏腹に、芯は随分とうどんらしいのだ。とここで"普通のうどんメニュー連食"の誘惑に襲われるが、今回ばかりはなんとか打ち勝つ。なかなか楽しそうなうどんだということは認めようww。

カレー汁の方は甘くてやがてスパイシーだってのは説明通り。更にフルーティーさも垣間見える。
tokumasahanmitibasi04.jpg

で、全体としての印象だけど、確かに良くできてはいるが想定の範囲内、というところだ。
うどんの意外性を除けば、あとは飛びぬけて残るものが見られない。
レジに置かれてるカードには以下の文言がある。
"この味希なり 希こそ命 希すなわち宝なり"
この域に踏み込むにはもうちょっと何かが必要だと思うのだ。

Aランチ食い方の一例
最初は玉子ご飯には手をつけない。
カレーうどんを半分ほど食った後、玉子をレンゲで慎重に掬い、カレー汁に投入。混ぜてマイルドさを味わう。
うどんを啜り終えた残りのカレー汁をご飯にかけて、カレー丼として楽しむ。
以上。
これ、結構満足度高かったです。

福岡市博多区半道橋2-20
tel 092-433-1011
24時間営業
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。