福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「三九郎うどん」 ブロロムンチャラララ
「三九郎うどん 大橋店」
ざるうどん 450円

西鉄大橋駅の地下食堂街にある。
随分と長い間を経て、今回が2回目の入店だ。
前回は閉店時間間際だったので、ややくたびれた印象だったが、万全ならばいかほどかと期待させる要素は十二分に感じられた。
で、満を持して確かめに来たというわけである。
時刻は午後の1時半。昼飯には若干遅いが、席に空きはない。けっこうな人気店のようだ。
ちょうど空いたテーブルに滑り込み、メニューを再確認。本来なら前回同様に温うどんを注文して出来を比較すべきだったが、この日はまだまだ暑さが厳しく、悩んだ末にざるをたのんだ。
いつものパターンとして、冷たいやつもどうせ後々喰って確認することになるのだしね。
と、なぜか誰に伝えるでもない言い訳を考えつつ待つことしばし、うどんが運ばれてきた。
って・・・は!?
そのざるに盛られたうどんは、当然こうあると思い描いていた姿とは全然違う。
温は中細だったのに、これは冷や麦のように極細だ。
おまけに半透明な肌が一層イメージの乖離を呼んでいる。
たしかに近年夏場だけ細麺を品書きに掲げる店は多い。しかしそれは別注という形で明記してあるのが一般的のはず。
デフォでこれが出てきた日には、思わず店員さんを二度見して「間違ってます」と言いそうになってしまった。
正直に書くと細いざるってのは好みからは逸れるんだけど、とにかくこれが標準ならば仕方ない。
ツユに浸して啜りこむ。
うお!硬い!コツコツするほどの強コシである。
これも予想を外された。他店の同様の細麺とは比べ物にならないハードさだ。まぁ、これはこれで楽しくはある。
が、しかし、この店の客層ってこれにフィットしてるようには思えないんだけど・・・いいのかな。
ツユはかなり濃くて、おまけにそれほど甘くもない。生姜を入れれば更にストロングスタイルに。まるでフェラーリの足回りみたいにソリッドだと言っておく(当然乗ったことはないけどな)。
というふうに、期せずして面白いうどんに遭遇したが更に望むならば量が全然物足りないことと、やっぱり温で出してるうどんでも試してみたいってことだな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なつかしっ!
どもども、ふなです。
パイレーツですよね。カリビアンでも、ピッツバーグでもなく、柏の。。。なつかしや~
2007/10/24(水) 10:06:24 | URL | ふな #fWl3MZIk[ 編集]
びっくりだ!
どはははははっ!!
まさか食いついてくるお方がいらっしゃるとは思いませんでしたよ!
そうです。オーナーのね。あれですよ~ww
2007/10/25(木) 08:15:29 | URL | OGT #93zoS.6.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。