福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「黒田屋一文字」 一文字流衣流れ
「黒田屋一文字」
釜揚げうどん 330円
海老天うどん 420円


今回は閉店時間ギリギリに強行突入。
故にか、釜揚げは"湯だめ"のようだった。
itimonji04.jpg
しかしながら、相変わらず柳のコシと水も滴る熟れた肌。
継ぎ足し用のツユが付くので、どっぷり遠慮なく絡めて啜れる。
しかしあまり溺れるなかれ。しっぺ返しはちょいと辛(から)い。
それにしてもちょっと食い足りぬ。あと少し盛ってほしい喃。

かたやえび天は変わり種。えびの身に満月のごとく衣が寄せてあるやつだ。
そのボリューム、推して知る哉。たしか前回はなかった貝杓子が丼に添えられている。
itimonji05.jpg
やっぱり、ここの天ものの衣がそれほどの難敵だってことなんだろう。
そこでこの得物だ。すめと一緒にザバザバ食えるぞww。
悪くないすめだから無駄にするのはもったいない。
初めて気づいたけど、『だしがなくなりしだい閉店します』なんて張り紙がある。
ほほう、なかなかの拘りじゃないか。
気に入りました。

ちなみに偏向的「小麦冶」ファンのチビも、ここのうどんがお気に入りだそうだ。
そう書くとだいたいの雰囲気がわかってもらえるかな。
itimonji01.jpg

福岡市南区花畑4-4-1
9:00~15:00
水曜休

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
七日ぶりに花畑に帰還したOGTは
竹竿に打ちつけられた門の前で全てを悟った

青竹の固さは人骨とほぼ同じであるが
まるで藁のごとくひしゃげた

黒田屋一文字はもうこの世にはいないのだ


なんて事態にならないように、この店にはまた行ってみたいと思います。
それにしても、このブログであの漫画ネタとは、正直予想外でした。

はかった喃 はかってくれた喃
2007/11/01(木) 02:51:49 | URL | みおせる #00YW8Ok6[ 編集]
>それにしても、このブログであの漫画ネタとは、正直予想外でした。

ハハハ、このブログ始める時点でもう覚悟完了してますから。
2007/11/02(金) 02:12:19 | URL | OGT #93zoS.6.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。