福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「山ちゃん」 八百屋魚屋肉屋にうどん屋向かいはむっちゃん
「うどん屋 山ちゃん」
釜揚げうどん 450円

西鉄春日原駅から大野城サティ方面に抜ける商店街の中ほどにある、小さな間口の店。
yamachan01.jpg
この日はたまたま開店3周年記念の日だった。
50円の割引券やらトッピング券なんかをいっぱいもらって得した気分にw。
席について壁の張り紙を見渡すと、雨の日は稲荷が付くとか、はたまたすき焼きうどん・あんかけうどんなどの人目を引くメニューとか、いろいろとアイデアを駆使してるのが見て取れる。
商店街の中には閉じられたシャッターもあったり、厳しいご時世に店をやってくのもなまなかの苦労じゃないんだろうな。
しかし、その甲斐あってか店内はオバちゃんたちの井戸端会議が開催されてるし、ご近所勤務らしきお兄ちゃんお姉ちゃんがパチンコ話で盛り上がってたりと、地元密着度は既に結構高そうである。
(まあ、かように憩いの場としてのポジションが確立されてるようなので、紫煙の洗礼も覚悟は必要。痛し痒しだ。)

yamachan04.jpg
さて、当のうどんは中太で、ツルリ感とモッチリ感がある。開店したての3年前よりコシもある。
ここの大将はもとは雑餉隈の「彦ちゃんうどん」にいた人だけど、うどんはあのテロテロ系とは趣を違えるようだ。これが今風進化ってものかな。
ツユはさすがの老舗譲り?いい塩梅と適切な甘みで、特に不満なし・・・あ、釜揚げの場合温ければ更に好み。
そしてこれも工夫の一環か、薬味がたっぷり付く。御持て成し度はかなりなものだが、こんなに使いきれませんよ。
しかしこのサービス精神が、変わり種メニューにどう活かされてるのかちょっと気になってきた。次回は・・・・・

再訪を期しつつ店を出てあたりをぶらつく。実はここの商店街の雰囲気はすごく好きで、かつては頻繁に利用もしてた。
そんなわけなので、この店にはこの調子で、通りのオアシスとして永く続いていってほしいと思うのだ。

春日市春日原東町2
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。