福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「角兵衛」 ありそでないうどん
「うどんの角兵衛」
ぶっかけうどん 450円

滅多にない北九州遠征だ。
とはいえ、時間は少ないし、本来の用事はちょっと気が重いものだが、それは置いとくww。
事前に北九の食い物ブロガーらーめんくーぱーさんからお薦め店の情報もゲットしたぞ。
kakubei01.jpg
まず一店めは"豊前裏打ち会"に属する「うどんの角兵衛」。裏打ち会系を啜るのも久しぶりだなぁ。
カウンタに座ると隣のおっちゃんが注文したぶっかけがちょうど配膳されたとこで、またその姿が実に美味そうだったンでそれにする。
でも、あとでサイトを確認したら、店のお薦めはメニュー筆頭の釜揚げ類だった(釜揚げといってもお湯に浸かってないぶっかけ風だ。興味津々。)

kakubei02.jpg
ともあれ、そのときお出ましのぶっかけはとにかく美味そうだったのだ。
ちなみにここのは温かいヤツで、ホンワカとした湯気にもそそられたのだ。
まず、混ぜないで幾筋かつまんで吸い込んでみる。細めの平打ちうどんは滑らかかつ弾力に富んでいる。
この手にありがちな水っぽさやブチ切れ、その逆の堅過ぎや張り過ぎはなく、包容力のあるコシを巧く演出してる感がある。
これは温メニューだが、このふくよかさは多分冷たいヤツでも遜色ないだろう。
てなことを確認したら、ではと薬味をぶっかけて、箸を差し込みグーリグリ混ぜて、いざズババっと食い進む。
ツユを纏ってミョンと伸びつつチュルチュル喉を下るうどんはなかなか楽しい。飽きない。
が、個人的にはツユの甘さがちょっときついかなー。釜揚げのツユも同じなのかな?そのへんがちょっと気になるが・・。
しかし、入れ替わり客足の耐えない人気も納得。このうどんなら、いろんなメニューを試す価値ありだ。

ところで、特にこの店に限定するわけじゃなくての話だが、ぶっかけはじめうどんのトッピングに多用されている削り節、あれに最近疑問を感じるようになってきた。
あれってうどんの食感とは合わないんじゃないかな?
濡れ落ち葉のように重なって張り付いたり、本来煮出して使う強い香りが丼全体を支配してしまったり。
削り節うどんじゃないんだから、薬味としての控えめさをもう少し自覚してくれないかしら・・・つか、空気嫁、なんて愚痴りたくなることがこのごろよくあるのだ。
まあ、あくまでも個人的な見解だから。あと、安いかまぼこの香も邪魔だなんて、大きな声では言えないから。


北九州市若松区東二島5-1-2
TEL 093-741-7712
不定休(月2回休み・・・店内に告知)
11:30~16:00
17:00~OS19:30

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おぉ!いかれたんですネ。
今回は裏打ち会の「角兵衛」をチョイスされたんですね。
まあ駅前だし、Pもあるし、分かり易い場所なんで迷われずに済んでよかったです(笑)。
また北九州へおいでの折には、お気軽に尋ねてみてください。
そこそこのうどん屋さんなら、情報ありますから(アセ)。。。
2007/12/09(日) 17:59:45 | URL | くーぱー #mQop/nM.[ 編集]
どもども。
今回は「角兵衛」と「ふじや」(後日アップ)に行くことができました。
「角兵衛」は目的地に向かってたら目の前に飛び込んできたんで即効アタックですw。目立つ店っすね。
また遠征する時は大いに参考にさせていただきます。
今回はありがとうございました。
2007/12/10(月) 03:03:23 | URL | OGT #93zoS.6.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。