福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「おたふく」 甘く切ないのすたるじぃ
「おたふく」
ごぼう天うどん 390円

otafuku01.jpg
博多の町の真ん中にあって、ここも結構な歴史を感じさせる店構えだ。
レトロな店内には壁一杯に品書きが貼ってある。
見渡すとうどん類はもとより、チャンポン(醤油とトンコツが選べる)やラーメンもある。
博多では珍しいもやしうどんに、それから多分仕入れによっては鰯天うどんもあるみたいだ。
さすが商売の町だけに、客の方を向いた熱心さが伝わってくるね。
otafuku03.jpg
太めのうどんは茹で置きで、ボヨボヨとした典型的な食堂系。
まぁ、麺の茹で置きはこの際容認するとして、なんか一口目が水臭いのが気になった。
地域の水道水がそういう質なのか、他に要因があるのか、以前にも別の店で経験したのを思い出した。

すめは甘め・・・ってレベルじゃなくて、かなり甘い。これまでの経験中で、きっとここがマックスだ。
たっぷり砂糖なり味醂なりが使われているようだ。この辺の感覚もレトロって言えるかもしれないな。
加えてフリッター風のごぼ天も相まって、なんか御馳走を食べたあとみたいな、どっかりとくる食後感である。

かつては、博多の街に出てきて寿屋とか川端とかで買い物した人々が、昼になったらこんなうどんを啜って、賑やかに談笑してたんだろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。