福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「松島」 “ ど ”が付くほどの
「うどん処 松島」
肉うどん 550円
丸天うどん 480円
ざるうどん 480円

無骨な漢っぽさが印象的だった当店で、しばらくぶりに昼麺をきめる。
細長い店内と狭い厨房。カウンターに座ると目の前でうどんを打ってる。
matusima03.jpg matusima04.jpg matusima05.jpg
ここのはコシが強い暴れうどんで、しかも麺が長いもんだから、水で締めたざるだと、もはや格闘と言ってもいいくらいに骨が折れる。
個人的にはあったかいメニューで、多少コシが逃げたくらいがちゃんと味わうことが出来て丁度いいくらいだと思う。
つゆもすめも、しっかり節が香るなかなかの逸品なんだけど、ざるだと咀嚼にばかり気が行ってしまうんだもの。それが面白みでもあるのは認めるが・・・w
今回特に印象に残ったのは肉うどん。浅炊きでしつこくなくて、具としての分をわきまえてるって感じで、でも肉としてしっかりと存在感があるのだ。
加えて、その肉を調理してる鍋がすごいインパクト。
肉汁か煮汁か、鍋のふちに層をなしてコワってて、年季の入りまくったうなぎ屋のタレのように凄みを放っている。
はたまた気合が自慢の某ラーメン店のスープの如く、足しては煮込み煮込んでは足す、呼び戻しにて営々と作り続けた鍋なのかもしれん。
もし今火事がおこれば、きっといの一番に抱えて逃げて、その秘伝を守るに違いないぜ・・・・
などと勝手な想像しつつ食い終えて、勘定する。
暖簾をくぐる背中を送り出す声も、うどん同様、これまた威勢がいいわい。
matusima01.jpg

福岡市中央区赤坂1丁目11-5
TEL 092-712-1692



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。