福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「博多さぬきうどん」 思い起こせば
「博多さぬきうどん 渡辺通り店」
ごぼう天うどん 400円
えび天うどん 400円

ガキの頃からのうどん遍歴で、転機と呼べるものはいくつかあるが、多分最初のそれは平尾交差点にあった店のうどんだろう。店はとっくの昔になくなってしまったが、あそこで初めて"緩い"うどんの美味さを経験した。
次が、天神にあったうどん屋で、妙に硬くて塩っ気のあるうどんに出会ったことだと思う。
なんだか素っ気無くて付き合いにくい印象を持ったものだが、でも思いつくと暖簾をくぐってしまうことが幾度となくあった。
それが今の場所に移転する前の「さぬきうどん」だ。
その頃、うどんの拡がりなんかは全然意識してなかったが、やはり讃岐という存在を無視することは出来ないようになってるらしい。

で、久し振りに入った当店は、相変わらずのあなぐら的雰囲気で、ちょっと塩っぱいうどんが出てくる。
モゴモゴとそれを噛み込みつつ、往時をまた思い出す。
優しいすめの風味が本場と違うなんてのは、はっきり言ってどうでも良いのだ。
hakatasanuki202.jpg hakatasanuki203.jpg

そうは言いながら、さて今度の転機は、ほんまもんの讃岐うどんを彼の地で啜るときだろうか、なんて考える午後だった。

hakatasanuki201.jpg 
暖簾が天神店だ

福岡市中央区渡辺通5-13-3
tel 092-713-7972
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。