福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「山忠」 ン~、ニャやましい状況だニャァ 
え~、記事タイトルには、<それは○ャンチュウだ>って突っ込んでいただく方向で、ひとつ。

「山忠」
ごぼう天うどん 380円

看板には讃岐うどんと書かれている。せっかくの遠征で、地元風じゃないのを食うのも癪だが、けっこう賑わってるのでこりゃあ美味いに違いないと、入ってみることにした。
yamatyu01.jpg

メニューは多彩。しいたけ天とかわかさぎ天、白身フライうどんなんてのもある。
しかしまあ、初回だし、380円と値段もうれしいごぼ天を注文。

yamatyu02.jpg
ばらけた太さで、やや捩れた見かけが、いかにも自家製だ。
肌にぬめりがほとんどなくて、更にコシもあって、なかなか良い気持ちで啜れる。
喉越しが楽しいうどんである。
塩っけが強い所が、看板通り讃岐らしいところか。
すめから香るのも、節>昆布だしね。

しかし、来るたびに迷う対象が増える。
悩ましき久留米路・・・


久留米市東櫛原町1105-1-1F
TEL 0942-35-3230
11:00~20:00
休なし
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうも、久留米遠征ですね、ご苦労様です。
しかし、ここで讃岐と言われて、
何処が讃岐じゃぁっ?あ~ん?と切れまくった我々なんです。質屋さんの隣(ここですな)もバイパスの出口も喰って、切れました。

何処が讃岐や、舐めとんのか、塩味だけかぃ?玉ぁ取ったろかぃ?とマジになる我々ですが、いつも思うのは、
ネットの情報が暴走しがちな今、マジな感想を述べる事すら躊躇せにゃあならんのかと、、

ところで、肉うどんをデフォルトにする意外と多い人々にとっては、我々の評価基準はどうも物足りないらしく、肉うどんといえば、立花と言ってしまって安穏と過ごす私なのですが、どうでしょう?
私ですか?私は、ざるかぶっ掛けです。事情が許せば、玉に出汁をそのまま掛けて評価するんですが、評価基軸をそのまま、みんなで共有出来る一つを制定出来ないか?と思う今日この頃です。
レストラン評価でこってり派、さっぱり派、昔乍らのフレンチ至上派とか分けて居る奴等が居たんですが、福岡・佐賀のうどん評価軸で、私はさっぱり派です!とか、基準を表明した上で評価する事で、様々な検索に引っかかって参照されてしまうネット上での宿命に対し、いささかでも抗う事が出来るのではないかと?考えてしまう今日この頃です。
2008/06/21(土) 21:02:07 | URL | 親分 #x20EqysM[ 編集]
親分さん、どうもです。
あいも変わらず讃岐インスパイアの店は続くわけですが、やすやすと乗るか!みたいな天邪鬼は、私の中にも居るようです。
最早全国区となった讃岐流の評価基準に対抗して、当地流の基準を持ちたいとは思いつつも、これまでの歴史で肝心な"プライド"を確立し得なかった節操のなさで、統一された陣を張るには遅きに失した気がしてます。
今のままでは、讃岐でない讃岐を批判することも憚られる気分ではあります。
残されるのは、すめの風味に活路を見出すか、このまま細かに細分化された麺相を無理やりな理屈で一本の道により合わせるか・・・
どれにしても決定的なパワーが不足しているような。
個人的には、筑後系がもっとも真っ当だと思うこの頃なのですが、悩ましい限りです。
2008/06/24(火) 00:38:45 | URL | OGT #93zoS.6.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。