福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「峰松本家」 さらにドン!
「峰松本家 本店」
どんめん 892円
カレーどんめん 1050円
鍋焼きうどん 1260円(たしか・・)

minematuhonke01.jpg
元はかまぼこ屋の当店。立派な構えである。
で、峰松即ち”どんめん”だ。お客はみんなそれを食ってるといってもいい、人気メニュー。
minematuhonke02.jpg
大きな丼に盛られたチャンポン風うどんは、なかなか喰い応えがある。
世にチャンポンうどんは数あるが、ここでのポイントは、麺の太さだ。
界隈で知る限りもっとも太い麺線が『俺はうどんなんだぜ!』と強烈に主張してて、実にたのもしいのだ。
今回はそいつのカレーうどん版にトライしてみた。
minematuhonke03.jpg
最初は、スープにカレー粉で風味付けしてるのを想像してたが、ちょっと違ってた。
薄味のレギュラーどんめんの具に、たっぷり濃い目のカレー餡がかけられた、2段仕立てになっている。
うどんは最下層。掘ってもなかなか出てこない。
なおかつ、掘り返した際の具がガードしているんで、うどんにカレー餡が絡まない。
だから、カレーうどんを味わおうとすると、野菜の堰を壊しつつ、カレーを纏わせて食うってことになる。
ふうふう汗をかきながら、じたばた屠っていくうちに汁が馴染んで、状況はだんだんと”カレーうどん”になってきており、そのときにハタと気づく。
タダでさえ嵩の多いどんめんに、更なるカレー餡。これを飽きさせずに完食までもっていくには、一ひねりのアイデアが必要。
次第に変化する味の構成こそが、それだったのではないかと!

多分、ハフハフ無理な呼吸を重ねたため、朦朧となりつつある意識の中で、そんなことを思いつき、悦に入ったひと時なのだった。

minematuhonke04.jpg
チビは、メニューの中に発見した鍋焼きに飛びつき、やっぱり汗をかいてた。
世間は初夏だと言うのに、ご苦労様である。

しかし、どの個性にも負けないここの太うどんはいい。
きりっと締めて辛めのツユで啜ってみたいが、残念ながらざるだけは細めんなのだ。ご注意を。



福岡市博多区立花寺1-9-34
TEL092-503-3687
11:00~21:00
休 元旦のみ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。