福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「小麦冶」 納豆足せば最強か・・・・・
「小麦冶」
梅おくらぶっかけ 430円

夏休みといえば日本全国ラジオ体操なわけであったはずだが、地域によってはもう実施してないところもあると聞く。
個人の都合を慮り、って風潮ですな。

かと思えば、今夏のうどんはネバネバが流行りらしく、そうなると各店右へ倣えで糸引き系メニューを投入。
こんなとこは、あいも変わらず日本的だよなと、妙に安堵してみたり。

さて、「小麦冶」の新メニュー。
komugiyaharu03.jpg

冷たいうどんに、オクラ・メカブ・トロロイモ・梅肉・天かす・のり・ネギ、と盛りだくさんの一杯である。
更にカボスがふりかけてあるらしい。
徳利に入れて供されるツユは、おなじみのちょい甘めのやつ。
適量見計らってかけ回し、グリングリンと混ぜ合わせる。
麺は水で絞めてあることを考え合わせても、それ以上にしっかりした感触がある。
冷メニュー向けに硬めに揚げてあるのかな?
で、ムチンやらペクチンやらがいい加減に絡まりあったところで、ゾゾゾっと啜り上げると。
ん~・・酸っぱいな。
梅肉がメインだからしかたないんだが、ネバネバに閉じ込められたために酸味が馴染みきらずに、味蕾をやたらと刺激するような。浸りきれない味わいになってしまってる。
個人的には、梅肉とネバは合わない印象を持った。
むしろ、これから梅肉をとっぱらって、代わりに卵を乗っけて、スタミナネバネバぶっかけにしたほうが好みではある。
でも、これで430円だもの。
このお得感はたいしたもんだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。