福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「官兵衛」 Mr.ロブをさがして
「官兵衛」
カレーうどん(黒) 720円(多分・・)

先日の続き。
で、うどんを打つ米国人=Mr.ロブとの遭遇は果たして叶うのか?!
ドキドキしながら向かう長者原・・・・・    って

kanbe05.jpg
え?

kanbe06.jpg
な、、、、あっさり

kanbe07.jpg
優雅にかつ力強くうどんを伸ばすロブ。
この時打ってたのは残念ながら、ブラックじゃなくてアイボリーだった。

さて、賑わう日曜日の店内には、先客の誰かが食ってるのかカレーうどんの香りが漂ってる。
そうなるとあれだ。またまた頭の中がカレーに支配されちまうのは我ながら単純であきれる。
しかし、そこでただのカレーうどんにするのはちょっと悔しいから、店員さんに聞いてみた。
「竹炭ブラックカレーうどん、できます?」
「・・・・ちょっと聞いてきます。店長ぉ~」


これがブラックカレー(うどん)だ。
kanbe08.jpg kanbe09.jpg

麺打ちブースにはロブが印したのだろうかアルファベット交じりのBlackUdonのメモが貼ってあって、なるほど黒々うねるコイツは、まこと彼の手に為るもののようである。
食べた感じは意外にも優しい。当店のデフォルトよりも舌触りが滑らかで、モッチリした弾力に富んでいる。
スパイスのせいで今ひとつはっきりしないが、後味に炭っぽさが残る気もする。
すめは和風出汁の香りが鼻に抜ける、所謂うどん屋のまっとうなカレー汁。ここの白うどんなら、更によく絡み、かなり完成度も高そうである。
立派なエビがプリっと美味い。

ごちそうさん。

大将によると、ロブは修行を始めて1年ほどだと言う。
ずっと黙々とうどんを打つ姿が、いつの日にか彼自身の店に立つことを想像すると、楽しくてたまらないじゃないか。
がんばってください。


糟屋郡粕屋町長者原286-4
TEL 938-4051
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
OGTさんナイス速攻ですw

ロブには福岡で店を開いてもらいたい気もするし、
故郷にうどん文化を持ち帰ってもらいたい気もします。
2008/10/13(月) 01:06:59 | URL | みおせる #00YW8Ok6[ 編集]
本当に黙々と打ってたのが印象的でした。

イケメンだったし(ポ)
2008/10/13(月) 02:25:09 | URL | OGT #93zoS.6.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。