福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「万福うどん」 たたた立ちますっ
「万福うどん 筑紫野店」
あさりうどん 580円

3号線が旧3号線と交差する高架下にある、「うちだ屋」の別業態の店だ。
以前食ってからもうどの位経ったか。その時は、うどんの食感が随分と人工的なものに思えて、それっきりになっていたんだけど、最近数度、続けて前を通ることがあり、そのたび目に付く”こだわり麺と天然だし”の謳い文句に再び乗せられての入店だった。

注文は「うちだ屋」でもラインアップしてる(と思う)、あさりうどん。
実はずっと気になってたメニューなのだ。

待ち時間は結構長い。もしかして茹でたてか?と期待できるくらい。
で、出てきた丼には、大盤振る舞いのあさりがこんもりと。
manpuku03.jpg
ほあぁぁ、立った。さぶいぼ立った。
私、あさりは好きなんだが、あの貝殻が擦れるシャリシャリした音が駄目なんである。
もう、さぶいぼが立つんである。想像だけでも立つもんだから、意識的に発生させることも自在だ!
しかしそんなことはどうでもいい!うどんだ!

さて、今度のそれは、数年前とは印象がだいぶん違った。
やはりツルツル具合などにわざとらしさが残るものの、肌のぬめりとか自然な歯応えなんかは、かなり好みの方向にシフトしてるじゃないか。
こいつは企業努力なのかも。
ちなみに、使われている粉は”チクゴイズミ100%”らしい。
地粉はこういう優しげなコシを出す。そこが好きなんだな。
が、でれっと甘味が立ちすぎて、いかにも出来合いっぽいすめは相変わらず。
たっぷりのあさりから出る味と香りで十二分な風味なので、ちょっとうるさい感じだ。

ともあれ、このうどん、今度はシンプルなメニューで素性を見直してみようと思う。


福岡県筑紫野市大字永岡1041−1
tel 092-925-8668

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。