福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「星野庵」 al dente
「星野庵」
ごぼう天うどん 400円
ざるうどん 470円

場所は辺鄙で営業時間も短いときて、ネットでもほとんど情報がなく(それでもマニさんは食ってるわけでw)、存在に気づいてから実際に食うまで、けっこう時間が経ってしまった。
hosinoan01.jpg

早めだったのでガランとしてたが、馴染み客は気さくに新年の挨拶をしつつ来店する、そんな午前中。大将はけっこう若いな。
うどんは店内のブースにて、自家製麺されてる様子。

hosinoan02.jpg
まず、ごぼ天。うどんは中細で、強めのコシ。あったかいすめに泳いでいてもピチピチしており、もともとの歯応えが容易に想像できる。ならば・・・
と、その前に温うどんの印象だが、最初ちょっと水臭さが気になった。すぐに感じなくなったが、あれは何でだろう。
張りのある麺に合わされるすめは、極すっきりした味わいで、啜り終えてみればなんとも清々しい一杯だった。

さて、なかなか食う機会もなさそうだし、続いてざるも注文する。
hosinoan03.jpg
想像通り、極めつけの強コシ。細いくせにぎゅぅぅぅっと芯まで抵抗する歯応えだ。
かなり顎が疲れるが、喉で楽しむことがお好きな向きにはオススメである。
ツユもこれがまったくべたつかない端麗タイプで、温・冷ともにここまで威勢よい形に割り切ってるところが、なんとも快感ではないか。
一期一会じゃぁ惜しいし、どうにか機会を作り、また来よう。

佐賀県鳥栖市飯田町前田65-8
9:00~16:00
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。