福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「鳴門うどん」 夢に出そう
「鳴門うどん 筑紫野店」
とりごぼううどん 450円
えび天うどん 450円
肉玉うどん 500円

久し振りにトリプルくんに会いに行く。

つけ麺が食いたかったんだがメニューにはない。ありゃ、期間限定だったか?
んじゃ、別メニューにあったとりごぼうにしてみようか、とオーダー。
日曜のブランチ後なので、3玉は自重。おやつも食うので2玉も自重。ふふふ、大人の余裕だぜ。
で、出てきたおおぶりな丼だが、あれ?ちょっとうどんが減ったかな?
それに食感も印象がまた変わったような気がする。
前回(ずいぶん前だが)はけっこうナチュラルで好みの肌合いだったけど、今回は冷凍うどん風。開店当時がそんな印象だったな。
ただ、粉感や密度の高さには個性があり、ライバルの大衆うどん店「ウエスト」「小麦冶」「牧の」のどれとも違う食感なのが面白い。たまたまか、或いは敢えてこのニッチ路線を狙ったのだろうか。

すめは基本的に甘め。少しくどさがあるんだが、これに具、特に甘い味付けのものが乗ると落ち着いた具合になるから不思議である。そう、今回注文したとりごぼうなんかがまさにソレ。
メニューの紹介にも、まずすめを啜れと書いてあるではないか。
ポチポチ浮いてる鶏油の旨みやごぼうの滋味が甘さでまとめられたって感じだ。
肉玉のそれと飲み比べたときには、牛肉の臭み消しにほんのり香る生姜を発見できたり、ちょいと楽しめた。

それにしても客が多い。こっちはすぐに座れたが、後から後からどんどん増えて、みるみる行列が・・・余裕なんぞあったもんじゃない。不況だからこその大衆うどん人気か。そう考えると悲喜こもごもな風景だ。
しかし、この際に勢い付いて攻勢をかけてるこの会社は、久留米に配送センターを置き、新店の展開を開始した様子。つい先日も那珂川町に一店オープンさせている。
そういえばなるほど、うどんもすめもセントラルキッチンっぽい特徴はあるなぁ。
ただ、メニューには"手打ちの味"って載ってるが・・・
まさか、久留米の配送センターには何十人もの手打ち職人がいて、フロア一杯の彼らがわっしわっしと一心にうどんを伸ばしてるなんて絵が・・・・
夢に出そうである。


筑紫野市杉塚2丁目6-15
TEL 092-923-8484
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。