福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「かま蔵うどん」 ♪めーると~
「かま蔵うどん」
釜あげうどん 420円

東は鳥栖から佐賀を突っ切り、西の武雄まで伸びる国道34号線。昼時走行中にやたら混みあう駐車場のうどん屋を発見。
端っこに停めて引き戸を開けると、おわ!中は待ち客でびっちりだ。
こっちは一人だったんで、繰り上げてカウンターに案内してもらえた。
さてメニュー・・・と、眼前に貼られた新聞の切抜きが目に入る。
曰く、"1時間15分の茹で時間"だって?     !!!
思い出した。数年前にネットで見かけて、すごく惹かれてた(で、忘れてた)あの店じゃないか!!
近年遠出をすることがほとんどなかったもので、食うことなど諦めていた。ほんとたまたまだが、幸運な邂逅だ。
となると、ここは何を注文すべきか・・・。ごぼ天か?いやいや、実は直前に別の店でごぼ天食ったばっかりだし。ああ、失敗だ。ここが最初なら2種類は食えたのにな。

結局オーダーは釜あげに。
座った席の目の前が茹で釜で、中で踊ってるうどんの絵にくらくらした結果である。
でも、出てきたのは湯だめだった。
まぁ、よっぽどタイミングが合わないと、真性釜あげは難しいだろう。まさか客に1時間15分待たせるわけにもいくまいからw。

kamakuraudon02.jpg
噂どおり太いうどんだ。
で、ゆる~~~い。
煮崩れるほどに潤びきった肌、なんだけど、ちょっと荒く扱っても切れてしまわない引きが、芯のほうには生きている。
そのへんがなかなか絶妙な所なんだな。
ふくよかな肢体をツユにどっぷり浸して啜り上げる。わざと歯を入れずに喉に滑らせてみる。
楽しい!
そのツユだが、これもまた特徴的だ。
うどんのキャラクターに負けぬようにか、とにかく味が濃い。強烈な塩気と節の風味で、咽そうになってしまう。
ああ、温うどんのすめも試したい~・・・やられたわ、こいつは。今度は忘れずに、再訪することを心に誓った。
kamakuraudon01.jpg

参考までに、一番人気はカレーごぼううどんなんだとか。
その取り合わせに関しては想像するしかないが、確かに隣の兄さんが食ってたごぼ天はいかにも美味そうな、後光めいたものを纏って見えたっけ。


佐賀県武雄市北方町大字志久2040-2
tel 0954-36-2964
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。