福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「元祖肉肉うどん」 福博においてガンソを名乗るならば
「元祖肉肉うどん 店屋町店」
肉肉うどん 580円

千鳥橋のとこの「肉肉うどん」の支店らしい。
元祖ってのは、福博で最も早くドギドギ系を出し始めたことへの自負の表明なのかな?

本店同様にうどんはツルツルの冷凍麺。
多少注文をつけたい気持ちもあるんだが、まぁここの主役は肉とすめってことで。
nikunikutenya02.jpg
さて、かなり濃い目かに見える肉&すめは、案外しつこくない。すめのみだとむしろスキっとキレが良いくらいだろう。そこに肉の旨みである。
それがじんわりと口中に広がり、蓄積されつつ、だんだんと食欲が盛り上がる。
コロっとした角切りをくったりと炊いてある肉だが、デフォルトの量ではちょっと物足りない。"肉肉肉"くらい欲しいかな。
また、うどんの量も微妙で、替え玉100円ってのは上手い商売だと思う。ちなみに替え玉は、すめヤカンも一緒に供されるという、嬉しいサービス有。
これは、限定で提供される"肉めし"(詳細は不明だが・・)と合わせるとちょうどいいのかもしれないな。

生姜は、はなっから乗せてあるが、やっぱり適宜に入れて味を変化させて楽しみたい。
かなわぬならと入れてみた、特別辛いと注意書き付きの荒挽き唐辛子。こいつの投入で、すめにワイルドさが増してきて、ギロリと危険な香りが漂い始めた。これもまた面白い。

ご当地小倉では早朝からやってる店も在る、ソウルなうどん。
あえてこの地でガンソを名乗るその意気や善し、だ。
がっつりと根付いてほしいものである。
nikunikutenya01.jpg


あとから来たおばちゃんが注文した汁そばにもちょっと惹かれた。
このすめとそば、下世話な感じながら良いマッチングじゃないかと思われる。

福岡市博多区店屋町3-1
TEL 092-282-0966
日曜休

久し振りの博多。新しいうどん屋が!
akatyokobe01.jpg
lこれは櫛田神社前。
他に、上呉服町2丁目にもうどんの幟発見。宿題が貯まりまくりなんですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。