福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「えとや」 夏風さざめく通りにて
「えとや」
えび入りかき揚げうどん 500円
ごぼう天うどん 420円

太宰府天満宮の参道を横切る辻沿いに最近出来た店。
営業時間が16時までなので、なかなか食う機会がなかったのだ。
折りしも初夏の陽気の昼時、さやさやと聞こえくるのは爽やかな風に鳴る木々の葉か、乙女達の笑い声か(女子大が近くだからね)。

etoya01.jpg

うどんは茹で置き。察するにこれが"宰府うどん"と思われる。
こいつは近くのJAにも置いてあるし、参道の店でも出してるらしい、ちょっとふすまの色を残した国産小麦使用のうどんである。
わりと太めに製麺してあってずしっとウエイトがあるところが好みなんだけど、一方コシが抜けきってしまって活きの点で落ちるのは、どうせ出来合いだからと諦めるしかないのか。

すめはあご出汁であると店内に掲示されている。
啜ったとき、ちょっとウエストのすめを思い出した。あそこはアジコなんかを使ってるんだったな。なるほど雑節系はこういう共通の味わいがあるようだ。それはけして独特な癖とかじゃなくて、いたってオーソドックスな慣れ親しんだ味。つまりこれが九州人のDNAなんだろう。

etoya02.jpg etoya03.jpg

トッピングは、エビもゴボもサクサクで◎。
一押しらしい"うめヒジキ"って?


太宰府市宰府2丁目8−8
TEL 092-918-1100
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。