福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「みの屋」 なぜか思い出す 
「みの屋うどん 松藤」
ごぼう天うどん 410円

客の見守る中、熟練の技で捌かれた骨だけの鯛が水槽に放たれる。
料理人が包丁の柄でその水槽の縁を軽く"トン"と・・・
なんと眼前で泳ぎだす骨だけの鯛!

って漫画を思い出しながら、上がりを待つ。
ほんの数十センチ向こう、ガラス越しに大将がうどんを伸ばしてんのを眺めつつ。

茹でられたうどんは、締めてから玉に揃えられている。

「みの屋」は釜あげじゃなかったっけか。ここは茹で置きのようだ。
回転が速い昼時だからかな。

minoyamatufuji02.jpg

やや細めで、長~い麺線。しゅるしゅると啜り上げるのが楽しいうどんだ。
で、柔らかめで優しい仕上げ。

ボディのしっかりしたすめは、オーソドックス=老舗の味わいである。

minoyamatufuji01.jpg

鳥栖市宿町721-31
TEL 0942-82-8221
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。