福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「牧のうどん」 発見もあり
「牧のうどん 鳥栖店」
肉うどん 540円

今年できたばかりの新しい店舗。
「牧の」は本部である"牧"の工場で作った生地の品質が保てる範囲にしか出店しない、ってのはほんとなんだろうか。ここまで、どのルートでやってくるんだろうか。
どこかのブログで麺が変わったとも読んだ。それとの関係は?
「小麦冶」といい、もともとうどん屋の多いこの地区に出店のメリットって?そんなに集客力のある地域性だったかな。

なんて考えつつ、久々になに啜ろうかと迷って決めたのが、肉。
ちょうどうどん一杯分の腹減り具合だったんだけど、せっかくならなんかごちそう感も欲しかったからw。

カウンターから見てると、他の店舗と同様に厨房の真ん中にカッターと釜が鎮座。昼飯時体制でどんどん茹で上げている。時折冷蔵(凍?)庫から一玉分を取り出し、テボで温めてるのは、ざるなんかの冷メニュー用か、もしくは細麺か?
と、ここで新発見。釜前のお兄さんは平笊で麺揚げしてる。まるでラーメン屋のそれの様にだ。
釜あげで配膳するなら、なるほどこれは効率が良いかもしれないな。

makinotosu02.jpg

"中めん"でオーダーしたうどんは、特別に太くもなく細くもなく、ずっと昔は太くてごっついって記憶も残ってるが、ここ最近は印象が変わらずおとなしめである。
トッピングの肉はすき焼き風。麺が煮汁を吸ってくどくなると、やかんのすめで割りながら、最後までいろんな表情を楽しむ。これぞ「牧の」。

この先なにが変わっても、これだけは変えられまい。


鳥栖市轟木町1065
tel 0942-84-5411
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そういえば「肉うどんの肉は甘いものである」という自分内イメージは、「牧のうどん」で作られたような気もします。
関東やら北海道やらの肉うどんの肉も、やっぱり甘いんでしょうかね?

>時折冷蔵(凍?)庫から一玉分を取り出し、テボで温めてるのは、

もしかして蕎麦じゃないっすか?
2009/11/10(火) 00:55:32 | URL | みおせる #00YW8Ok6[ 編集]
味付け、どうなんでしょう?
東京にいたときは肉うどんって食ったっけ?
あまり記憶がありません。
各地で違うとしたら、それもまた面白いでしょうね。食ってみたい。

>もしかして蕎麦じゃないっすか?
ああっ!かもしれませんw
いや、きっとそうでしょう。
2009/11/15(日) 17:23:42 | URL | OGT #93zoS.6.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。