福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「蔵屋」 やりそうでやってない
「蔵屋」
ごぼう天うどん(大) 470円
玉子うどん 400円
タラコ風うどん 600円

家族で久留米行。昼はうどんを啜ろうということに。で、やや考えた末、「田中うどん」でカレーうどんかなと車を走らせてると、どっかで見た記憶のある屋号。
そんなときは往々にしてチャンカメさんとこだったりするのだが。
kuraya01.jpg

初めての店は思いついたときに食っとかないと次がない、ってのが私の経験則。看板の手打ちの文字にも惹かれるし、本日の昼飯はここに決定。

店はうどん屋というより喫茶店みたいだ。奥の部屋に見える麺棒や包丁で、麺処なのが知れる。
メニューを眺めると、オーソドックスかつリーズナブルなラインナップに加え、ミートソースうどんやらナポリタンうどんがある。これ、誰しもネタとしては思いつく類だろうが実際にメニューにしてるのはそうそうないんじゃないかな。
チャレンジャーなカミさんは、そんな創作メニューから"タラコ風"をチョイス。私が"大判特製"な丸天で、チビはマイブームの玉子(かき玉)を注文。
え?丸天売り切れですか?では定番のごぼ天を。

注文から配膳まではわりと時間が掛かったんで、茹でたてかと期待する。
kuraya02.jpg kuraya03.jpg kuraya04.jpg


まず、見た目はいかにも手打ち。撚れよれくねくねしてて所謂美人ではないタイプ。
茹でたてに期待したコシは残念ながら無かったんで、茹で置きだったかも。
緩くてもコシがあれば楽しいが、それがなくてちょっと惜しい。
すめは甘ったるくなく、醤油がきりっと効いている感じだ。
デフォで入るワカメは個人的には無くていいんだけど。ま、好みの問題だ。

カミさんのやつは、タラコをまぶして炒めてあるんだが、こっちはなかなかコシがある。
炒めるってんで、これこそ茹でたばかりの活きのいいのを使ったとも考えられる。
ベチャッとしたとこがなくて、歯切れのよさが楽しめた。これはアリ。俄然ミートソースに興味が湧くww。

冷メニューもいいかもね。


久留米市朝妻町12-27
TEL 0942-43-1919
11:00~21:00
火曜休

食後にはサービスでコーヒー&バナナ。おまけに昆布の佃煮、いただきました。ごちそうさまです。
kuraya05.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。