福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「資さんうどん」 メニューチャレンジ編 その1
「資さんうどん 門松店」
むきエビ天うどん 480円
冷ぶっかけうどん 450円(いわし天100円、かしわ汁の具220円)

誰かに乗せられて資さんのいろんなメニューを食ってみることにした(続くかどうかは未定で)。
なにせここって、エビ天が3種類あったりとかして、なんかこう興味をそそるラインナップなのだ。ブロガの義務感がそうしろと囁くのだ。

さて、今回も混みあう昼を避けて朝飯に赴く。
注文はエビ天の中からむきエビ天を。更に冷メニューとしてぶっかけ、それに興味のあったかしわ汁(の具)、いわし天をトッピングとしてオーダーした。
むきエビ天は普通にうどんに乗ってきた。
sukesankadomatu04.jpg
大き目のエビが6~7尾で、プリプリ。贅沢を言えば別皿で少しずつ浸して楽しみたい、とはカミさんの談である。

ぶっかけはデフォでごぼ天有りなんでトッピングは別皿で配膳される。
sukesankadomatu05.jpg
かしわ汁(の具)ってのは鶏肉・玉ねぎ・ごぼうを塩コショウで『炒めた』もの。冷たいうどんにはちょっと相性が悪いかな。
いわし天は「ウエスト」のそれとは違ってすり身の天ぷらだ。前に食った丸天よりもワイルド&テイスティー。温にも冷にもなかなかよさげ。
具の説明が先行したが、うどんも悪くなかった。温の時より讃岐的特長が明確になってて、自分的にはこの麺なら冷を推す。
ツユも鰹節の香りがしっかり感じられる。塩分はわりと強いからぶっかけすぎには注意されたし。

さて次回は何にしよ。うん、面白くなってきたぞ~。

糟屋郡粕屋町大字大隈113-1
年中無休24時間営業
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。