福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「さぬき道場」 何を以って道とするか
「さぬき道場」
しょうゆうどん 300円

讃岐うどんの文化に惚れてうどん道に入ったという店主。
本場に倣ってとの意図は理解できるが、この地の路面店では禁忌と言ってもいいセルフ方式での船出は、かなりのチャレンジだ。
店内にはあらゆる方位に薀蓄書きが貼ってあったり吊ってあったり。
ここで全部は紹介はしないので、行ったときにご覧あれ。
sanukidoujou02.jpg

当初はさぬき麺とモチモチ麺の2種類から選べるシステムだったが、現在はさぬき麺のみ提供する。
これは正解だと思う。このモチモチ麺、食ったのが茹で置きで今一つ冴えない印象だった。
どうも澱粉を添加してツルリ感を演出しているようだけど、それがかえって時間経過に弱いうどんにしたのかも。
張りとかコシが逃げてしまってた。

かたやさぬき麺は、やはり茹で置きだが密度・重量感がしっかりあるため、結構な歯応えを維持している。
こっちは小麦粉100%を謳う分、締まりがあるようだ。
コシよりも喉越し重視と説明してあって、なるほどそういった食い方を意識すると、このザックリした無骨さも程よい固さに感じられてくるから面白い。
そんなわけで、モチモチ麺より断然印象が良いのである。

しかし、入店が昼のピーク時じゃなくアイドルタイムだったとはいえ、道場と名乗るわりには茹で置きってオペレーションはちょっと拍子抜けじゃないかな。
あの薀蓄に見合った意気込みを示すならば、例えば時間が掛かっても「生から茹でましょうか」とか、確認してくれるのもいいんじゃない?
しかもしょうゆうどんは、かけうどんに比べて100円以上高いのだ。その差がまさかしょうゆ代とは考えられない。手間賃なら、その手間をかけて欲しいものだ。
味わいたいのは、絵に描いた餅、字に書いた口上じゃなくて、手で捏ねたうどんなんだし、多少の待ち時間くらいならこっちはそれこそ大歓迎なんだが。

ともあれ、温メニューは未食で宿題だ。また行かねばなるまい。
ていうか正直なところ、これからどう進んでいくか、その道の先が気になるので、どうか頑張っていただきたい。
sanukidoujou03.jpg sanukidoujou01.jpg



筑紫野市塔原西1-3-2
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。