福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「資さんうどん」 メニューチャレンジ編 その3
「資さんうどん 門松店」
カレーぶっかけうどん 520円
月見うどん 370円(とんかつトッピング290円)
エビ天かき揚げうどん 400円(磯辺揚げトッピング 150円)
ざるうどん 400円(味鶏玉セット 180円)

休日の朝飯を「資さん」で食うことが多くなったこのごろ。

さて、早朝にはなかなか気の乗らないメニューではあるが、当初から気になってたカレーぶっかけを試す。
sukesankadomatu06.jpg

すめ無しのうどんにレトルトっぽいカレールーがぶっかけてある。
一切のひねりを加えず、名前そのまんまの一杯・・。
いや、どんなのを期待してたのかって聞かれるとあれですけど。
辛さは中辛くらいかな。
量はたっぷりだが、なんか単調なんで途中で飽きてくる嫌いがある。対策としてご飯も一緒にオーダーすれば無駄なくいただけるんでは(笑)。

個人的希望としては、「牧の」みたいにやかんですめを出してくれると、変化をつけられて嬉しいんだけど。
またはいっそのこと、カレーと出汁半々の"カレー汁うどん"を設定しても良いと思う。


ここのトッピングで最も高価なのが、とんかつ。
せっかくだから(?)ひと工夫(?)して、玉子と合わせたカツ丼うどんにしてみた。
sukesankadomatu07.jpg

ああ、思ったとおり生卵じゃカツ丼にはならないやね、ハハハ。
カツは揚げたてで厚みもけっこうあった。最初からすめに浸してあるんじゃなくて別皿で配膳。
こいつはやっぱ、先のカレーぶっかけなどに合わせるが吉か。


「資さん」での私的オススメ一番のエビ天かき揚げに磯辺揚げプラス。
sukesankadomatu08.jpg

双方揚げたばかりの香り食感熱さの競演!ハフハフ
ちくわの磯辺って、具としては今ひとつそそられないんだけど、あれは冷めると別物になっちゃうからだな、きっと。

ざるうどんが50円値下げして400円に。
同時に、冷やしモノに合うって煽り文句付きの味鶏玉セットがメニューやPOPに追加されてた。
sukesankadomatu09.jpg

かしわと錦糸玉子とワカメ・カイワレが皿に盛って付いてくる。
が、正直なところ、これをざると合わせたときどんな食い方をするとよいのかわかりませんでした。
ツユに入れるんか?けっこう甘めのツユが、味鶏の甘さで過剰になりそうだけど。

再確認、ここのうどんは冷メニューでのコシの加減ががいい!


50円サービス券の配布は6月末まで。
現在持ってる分は以降も使用できるとのこと(まだいっぱい持ってる、よかった)。

糟屋郡粕屋町大字大隈113-1
年中無休24時間営業
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。