福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「留さんうどん」 newstyleのdogidogiはopticalなsume&meet
「留さんうどん」
肉肉うどん(よもぎ)750円
肉たまねぎうどん(白) 600円

へのさんとこで昨年のうどんNo.1を冠した店。
6時からやってるってんで、早起きして朝飯に啜ってきた。
tomesan01.jpg

わかりにくい住宅街の中、ようやっと見つけてたどり着くとなんと満席に近い入り。大した人気だなぁ。小倉の人たちはうどんが好きで、それに応える店があって、いいなぁ。

うどんは普通の麺とよもぎを練りこんだヤツと選べる。せっかくだからどっちも食ってみる。
tomesan02.jpg tomesan03.jpg 

滑らかな肌は半透明に見える部分もあり。
中細でややよじれたうどんはけっこうなコシがあるが、こいつは噛むより喉で楽しんだ方がイイ。
よじれの刺激が小気味良し。
今回よもぎの香りはあまり判別できなかったんで、いつかかけうどんで試してみよう。
すめには、ドギドギうどんでイメージされるあの醤油色はない。更に肉の味付けもわりと浅い。
双方とも濃くはないが、すめのからさ、肉のあまさと相まって結果的に優しい味わいを醸しだしている。
そしてちょうど、これが計算ずくの味付けだと確信する場面を目撃した。
厨房の寸胴の前に立つ大将。手にした器具に一滴たらして、それを真剣に覗き込んでいる。光が差すほうに向け、望遠鏡を覗くようなスタイルだ。
あれはどうやら光学的に濃度を計測する器具らしい(帰宅後ググってみたらやっぱりそうだった)。
ここまできっちりやってるのなら、味のブレは最小限だろう。これも人気の秘訣かな。
機会があればまた来たい店だ。



tomesan04.jpg
ピリ辛の"小倉名物"ぬか炊き。280円。



北九州市小倉北区泉台3-10-10
TEL 093-653-0551
6:00~昼過ぎ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。