福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あかちょこべ」 博多手一本
「博多あかちょこべ」
桜海老天うどん 780円
丸天うどん 460円

博多総鎮守である櫛田神社通称お櫛田さんの斜め向かい、こじんまりながら趣のある店構え。
昼はうどん屋、夜は居酒屋(締めのうどんあり)。
"ずぼら"なるメニューではヤカンでうどんを供するなどなにかと話題を集め、今や結構な人気店となってる。そして今度は隣に新しく居酒屋を開くとか。

ここのうどんは胚芽まで挽き込んだ粉を使用してて、古式胚芽うどんと銘打っている。
胚芽を混ぜてある、といえば竹下は「春月庵」の中世博多うどんが思い浮かぶけれど、あちらがむっちりとソフトな食感なのに比してこっちはぐっと締まった印象だ。みっしり密度があり、流行の言葉で表すなら"細マッチョ"ってところ(?)。これは冷メニューとかつけ麺とか試したくなるキャラクターだな。

そのうどんの風味を活かすためなのか、すめは極々あっさり。
が、個人的にはもっと強いすめと合わせて食ってみたい気もする。

この時注文した桜海老天、てっきりかき揚げだと思ってたら、寄せずにパラパラの状態でトッピングされて来た。
香ばしさがすめに広がって、色も華やかに染まって、なかなか春らしく楽しげ。
こいつは他の店でもやって欲しい逸品だ。

akatyokobe01_20110406014236.jpg


福岡市博多区冷泉町7-10
TEL 092-271-0102
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。