福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「立ち喰いうどん」 田川スタンダード
小倉から南下する322号線、それに交差する201号線。その界隈には面白そうなうどん屋が多く連なる。
今回は田川周辺から。

ザ青春の門・田川。削られた香春岳を仰ぎつつ、オトコノコなら燃える巨大構造物。
tagawa01.jpg

そんな田川を走ると"立ち喰い"の看板が目立つ。中でも代表格と言えばここ、らしい。
driveinkawara01.jpg
「ドライブインかわら」
うどん 350円

数店が並ぶドライブインの中で、うどん屋はたこ焼き屋と同じ棟にあり、双方待ち客が出るほどの人気ぶりだ。
釜を囲んだカウンターでうどんを注文する。後ろの壁にはメニューではなく1杯350円2杯で700円~~といった値段の換算表が貼ってあり、トッピングはエビ天ごぼ天丸天くらいしかないシンプルな構成。
出来上がった丼を受け取って自販機が置いてあるスペースのテーブル席に自分で運ぶセルフ形式。またはそのままカウンターでの立ち食いとなる。
driveinkawara02.jpg

うどん自体はなんということのない工場麺で、すめも極ありきたりなもの。
それでもこの繁盛の秘密は、このゴタゴタした場の雰囲気なんだろうな。移動の途中に立ち寄るドライブインにはなぜか独特の高揚感が生まれるものだ。そこでは即時にチャージできる単純な食い物が一番強く印象に残る。
たとえば飲んだ帰りのガンソ然り、通勤途中のホームうどん然り、あとロングドライブに向かう早朝の基山SAなんかね。

田川郡香春町大字香春170-1


そこから201号を飯塚方面に走ると『立ち喰い』『生麺』の看板が。
なんとこれが屋号だと。
namamen01.jpg
「立ち喰い生麺 バイパス店」
うどん 350円

「生麺」は周辺に何軒かあるようだ。ここも立ち食いと称しながら座って食えるし、セルフ形式ながら店員さんが席まで運んでくれる。
うどんは、工場製で、茹で置きだ。・・・たしかに生麺ではあるが・・・。
特徴はとくになし。町の食堂で普通に出てくるやつだ。
すめは昆布がしっかり感じられる、やや濃い目のタイプ。先の「かわら」のあっさりすめに比べて豊かな味わいがある。
namamen02.jpg

田川郡香春町大字香春1054-1

更に飯塚に向け進むと鄙びた立ち喰い店が見つかる。
ohasidrivein01.jpg
「大橋ドライブイン」
エビ天うどん 420円

まるごと昭和の店構えで、店内も外観同様。
ここも厨房から丼を受け取るセルフだが、一応座って食える。
やっぱり工場製茹で置きテロテロうどんだ。
ohasidrivein02.jpg
すめは昆布風味、塩気強め。
昔風の丸いエビ天はゴリゴリとした歯応え。
総じてレトロなイメージが溢れてる店だった。

田川市伊田町4860


今度はちょっと道を逸れて後藤寺方面へ。以前もやしそばを食いに行った時に見つけた店。
kodama01.jpg
「谺うどん」
エビ天うどん 350円

屋号はこだまうどんと読む。
やっぱり半セルフの茹で置きオペレーションで、思いっきりテロテロ。
とろけそうなほど。
kodama02.jpg
合わせるすめは、多分イリコ出汁のウルトラライトなあっさりタイプ。
エビ天は意外なほどイケた。

田川市大字奈良240-9


まだまだ喰いきれてはいないが、どの店もうどんが凝ってるんでもなく、名物的なトッピングを用意してるでもなく。
かつて界隈に溢れていた町食堂のうどんがそのままに生きている感じだ。
どこも気取らず構えず、自然体である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。