福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルート322 小倉南編
暑い。

またまた小倉に所用で赴いたんだが、老舗「はるや」の店頭にもひやかけの文字が見られた。
あそこはたしかポヨポヨのうどんだったと思うが、それがひやかけになるとどんな感じなんだろう。非常に興味がわく。

また、北九の庶民派といえば「資さん」で、どんだけ親しまれてるかって証左がこいつだ(笑)。
riverwalk01.jpg
      拡大
riverwalk02.jpg


今回も帰路は322号線経由。沿線のうどんメモも溜まったので放出しておこう。

「蔵」
肉うどん 550円
牛すじうどん 500円
カレーうどん 500円

kura02.jpg kura03.jpg kura04.jpg
うどんは中細でプルプルした食感。こいつは冷凍かな。
特濃のドギドギ系すめはこれまで啜った中でも一番色が黒かった(塩気はそれほどでもない)。
具の肉はよく煮込まれててほろほろだ。牛すじの方はもう少し量があれば満足度が増すんだけどな。
ここはやっぱりすめだ。すめが牽引して、まとまりが良い一杯になってる。

壁を見ると、ホリエモンのサインが貼ってあった。それも日付がまた収監が決まった時期だし、しかも一週間と空けずに続けて食ってるし、どんだけ好きなんだろうね。
kura01.jpg

北九州市小倉南区徳吉南1-2-28
TEL 093-452-0029


「麺ますや」
すじ肉うどん 550円

menmasuya02.jpg
肉うどんの専門店じゃないが、ドギドギ風にすじ肉を使った肉うどんがラインナップされてる(メニューにはばら肉うどんもあったので、そっちが所謂普通の肉うどんなんだろう)ところが、さすが小倉。
うどんは中細の自家製。茹で置きながらポヨンとしたコシを残している。
で、すめは一般的な淡口タイプだ。仄かな甘味がうどんの柔らかいキャラクターに合ってる。
肉もごく浅焚きで、先の「蔵」とかとは正反対のアッサリ肉うどんだ。
menmasuya01.jpg

北九州市小倉南区大字高津尾191-4
TEL 093-452-4747


「かかしうどん」
肉うどん 650円
ざるうどん 580円

店の前には"釜あげうどん"の幟多数。つまり筑後うどんのようなオペレーションってことか?残念ながら、今回は未確認だ。

ここも否ドギドギ系の一般店。

kakasikokura02.jpg kakasikokura03.jpg
うどんは中太。フンワリした中にもしっかりとコシを備える。これがまたざるでは絶妙のバランスで、モロに好みに嵌った。
温だとややザックリ感が出てしまうか。

ツユやすめはやや甘めの味付け。肉もばら肉の甘焚き。これは一緒に煮た玉ねぎ由来だろう。合わせてしみじみした味わいだ。

24時間営業でメニューも多彩。つけ汁うどんもあったような。近所なら絶対通ってるな、これ。
kakasikokura01.jpg

北九州市小倉南区大字高津尾130
TEL 093-452-1905


「さかい」
ぶっかけうどん 420円

ずっとはずれの方にある、渋めの店構え。

sakai02.jpg

讃岐風の手打ちうどん。
太さは中、盛りは多め。
茹で置きだったが、茹でて間もないタイミングで活きは良好だ。
堅さは適度。ふわっと粉を感じさせる香り。多分混ぜ物なしだろう。

やさしいツユでさらさらと啜れる一杯だった。
sakai01.jpg


北九州市小倉南区新道寺851−1
TEL 093-452-2302
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。