福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
200606<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200607
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「曲渕うどん」 夏模様
「曲渕うどん」
冷やしうどん 600円
ごぼう天うどん 600円


訪れたのは夏の日差しきびしい折。
駐車場から店に向かうとき、どこからか子供たちの歓声が聞こえるのに気付いた。見渡すと道の反対側に階段があり、下の清流で大勢が遊んでいる。
あーーー、眩しい。眩しすぎる光景だなぁ。

さてここは、そばの老舗「ため勢」が町おこしのため自治会の事業に協力したという経緯を持つうどん屋だ。
故に、同じく「ため勢」プロデュースである「能古うどん」と同様の生干うどんとなる。
店内にあるブースには立派な製麺機が設えてあって、たかだか町おこしと侮れないうどんが食えそうだ。

まず冷やしうどん。
magarifuti02.jpg

2玉まで同額ってうれしいサービスがあるんだが、今回は1玉で。
うどんは中太ストレート。美人な見栄え。
一見タオヤカなんだが、啜って噛み込むやこいつがスーパーストロングなコシ。これは半生製法由縁か。
ただ、堅いだけじゃなく粉の香りもふわっと抜けるところがなかなか。

ツユは師匠筋ゆずりの辛口。
締めに出してくれる昆布出汁で薄めて頂くと、これがうまい。昆布ってこんなに味わい深いんだと再確認する。


で、後日温うどんもと、ごぼ天を食ってみた。
magarifuti03.jpg

うどんが先日より細く感じたのは気のせいか?
やっぱり冷やしのような強烈な歯応えはない。
すめは返しが強めに効いてて、塩気も結構ある。
こちらは、普通に落ち着いた感じの一杯だった。


今回はシンプルなメニューを選んでみたが、次回はちょいと気になる鴨せいろをいただきたい。

magarifuti01.jpg
福岡市早良区大字曲渕652-15
TEL 092-872-9190
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。