福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「さかなし」 押しても押されても
「さかなし」
カレーうどん 700円
えび天うどん 600円
丸天うどん 430円

sakanasi03.jpgsakanasi04.jpg
ずいぶん久しぶりだ。
先日、taronobu-himeさんとこで記事を読んでたまらなくなってたんだけど、たまたま近くに用事があり、ついでに突入とあいなった。
実は最近すぐ近くに所謂うどんバイキングが出店し、駐車場は満杯の盛況。
こちらへの影響は少なからずあるんでは、と心配していたのだ。
だけど、再びこのうどんを喰ってみると、なんだかいささかの懸念も必要ないように思えてしまった。
むしろ、安泰の印象さえ感じるのは何故か。
うどんの姿は以前通りの中太で、活きの良さを兼ね備えた柳腰である。
カレーうどんは和風に出汁の効いたとろみの強い餡タイプ。
かしわに牛肉、たまねぎ・青ネギを煮込んで更に刻みネギをトッピング。そのうええびまで入った豪華版。
最初餡が重かったが、うどんに十分絡まると滑りも良くなりゾゾゾっと気持ちよく啜ることができる。この相性ははまる。
他の温メニューも横から味見したけど、まずすめの印象が以前と少し違う。
啜ったときにパァッと咲いたようだった鰹の華やいだ香に替わって、もっとぎゅっと絞り込まれたような、力強い滋味さが濃厚なものになってる。
風格が増したっていうのかな。
で、気が付いたんだけど、以前より気の利き方に磨きがかかってないか?
例えば、もしかしたら男性客には量を多めによそってくれてるんではないかな?
自分のかれーうどん、かなりのボリュームだったぞ。
そして器。
それぞれのうどんに合わせてドンブリが異なる。
重い汁のカレーとか、姿をきれいに納めたいえび天なんかは広口のドンブリで、丸天では香と保温重視の深いドンブリ、という具合だ。
本当にこだわってやってるかどうかは聞いてないけどね。
間違いなく言えるのは、既に押しも押されもせぬ実力を持ってる店だってことだ。
どうかずっとここで横綱相撲をとっていってほしいものである。

福岡市南区鶴田2丁目1-10
TEL 092-565-1324

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本日「さかなし」の前を通りましたが、改装中でした…
2006/11/22(水) 00:41:55 | URL | hiroshige.m #lCC2nnMs[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。