福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あずみうどん」 南風吹かば
「あずみうどん 大宰府店」
ごぼう天うどん 400円
えび天うどん 470円
わかめうどん 370円

「そが泉」のあとに開店。店舗は、若干の改装を施してそのまま使っている。
「あずみ」といえば久留米を中心に数店舗を抱えるチェーンであり、ブランド化を目指し躍進中の筑後うどんの中核だ。
筑後のうどんは好きだし、今まで喰ったことが無い店だったので期待はかなり高かった。
入ったのは開店初日の閉店時間間際。
うどんはさして待つことも無くすぐに出てきた。待ち時間は天ぷら揚げる分かな。
azumidazaifu02.jpg
まずうどんの様だが、太さは中くらい、やや扁平なので華奢に感じる。
ぬめりは少なく張りのある肌合いで、緩めのコシ。万人受けしそうな要素がきっちり備わっている今時のうどんだ。
かつオペレーション(茹で時間等)でも有利なのかも。
すめは、これもライトな、昆布と煮干系がさらりと香るもの。
う~ん、そもそも現地でも「あずみ」はこの系統なのかな?
頭の中にあのポッテリとした筑後うどんらしさの期待があっただけに、"なんか違う"ような意識が拭えない。
しかし、カミさんとチビは「普通に美味いじゃん」とずるずる啜ってるし、お値段もリーズナブルではあるし、大変気安い雰囲気で客は呼べるんじゃないだろうか。
まだまだ初日。せっかく家の近くに出来たんだから、冷メニューとか含めて観察続行である。

太宰府市北谷861-3
11:00~21:00
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。