福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「讃州」 あいててよかった
「讃州」
ざるうどん 580円

夜遅く、小腹を満たすために、久しぶりに24時間営業の「讃州」へと赴く。
(後日、看板が新しくなってるなあって見上げたらなんと、営業時間が11時から朝4時までに変更になってました。)
もうすぐ日が変わろうかというのに客も多く活気がある。
但し、酔客もそれなりの割合で、喧騒と紫煙は居酒屋っぽい様相を呈しているが。
こういうタイミングで温メニューだと茹で置きはお約束。なので、少々お高いがざるうどんを注文する。
さすがに揚げたてではなくて、どのくらい前なのか洗ってあったざるの中から、おばちゃんが幾筋ずつかを実に丁寧に掬い上げてざるに盛っていく。
玉に分けられて外気に晒されているのよりは良いだろう。
sanshu04.jpg
果たして、出来上がった一杯は櫛目がきっちりそろってて、見た目すごい美味そうだ。
薬味は山葵と生姜が選べる。ここは当然生姜。
ちょっとつゆを啜ってみると、博多風とは一線を画すパンチのあるドライさ加減に目が覚める。
未だ讃岐風がどうなのかは知らないけど、どうしても甘めのつゆに飽きたときにはこういうのもいいな。
肝心のうどんは、予想に反してなかなかの活きの良さだった。よくイカ刺しに例えられるからじゃないが、口蓋にペタっと張り付いてくる。
この粘りは混ぜ物の粉では出まい。
コシもゴリゴリではなく、この太さに対して期待される、楽しめるレベルのものだ。
タバコのにおいと価格にちょい不満もあるが、24時間これが提供され、いつでも喰えるとなるとつい立ち寄ってしまいそうだなぁ。

福岡市南区横手1丁目11-33
TEL 092-571-0506
Pあり
平・祝 00:00~24:00
日 00:00~22:00
火 10:00~00:00
月曜休み

11:00~28:00
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。