福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「松屋」 "普通"受難の時代
「松屋 原店」
きつねうどん 360円

ここも筑紫野古賀線沿いだ。
田舎風の大き目の店舗では、ファミリー層を意識して、お菓子や野菜も売ってる。
本店は朝倉郡。つまり由緒正しき"筑後水系うどん群"に属しているわけだ。
matuya03.jpg
だからうどんも田舎風、ぽってり優しくやわらかな茹で置き。適度な重さも安心感がある。
ただし最近のご他聞に漏れず、ツルツル加減はやや演出の痕も感じるけれど。
まあそれは置いといても、食べるたびに懐かしい気持ちにしてくれるごくごく普通のうどんだ。
そして、こんなスタンダードなうどんでさえ、今や冷凍麺や讃岐系に押されて生息域が狭まりつつある。
もはや福岡・博多地域では絶滅危惧種、とまではいかないにしろ、かなり影の薄い存在に成り果ててる。
つまり、これが世に言ううどんドーナツ化現象である(言いません)。

筑紫野市大字原420-1
 tel 092-924-9800


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。