福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「小麦冶」 君は啜ることができるか
「小麦冶 大野城店」
ざるうどん 290円
釜揚げうどん 290円

昨今流行の讃岐風とは一線を画し、あくまでも優しい食感を追求。あたかもルネサンスがごとく、博多うどんの解釈を再構築してしまっている「小麦冶」。
ここがその一号店だ。
基本的に水に対して"締まった"讃岐とは反対に、"馴染んだ"うどんが身上だが、今回のメニューはそれが端的に実感できる2品。
まずは、ざる。
komugiya09.jpg
もう、ズルズルである。
すめに浸かってない分、表面がどのくらい潤びているのかダイレクトに理解できる。
本来これをざるで啜るのは何か目的を見失ってる気もするけど、ちゃんと芯にはコシっぽいものが見つけられて、解剖学までも極めたダヴィンチの気分を味わうことができる。
そして釜揚げ。
komugiya08.jpg
これは更に、超ズルズル。
もうルネサンスは通り越して、芸術の都パリをも魅了したジャポネスクをそこに見た!
いや、はっきり言って欧米人には啜れまい。
お箸の国の人が全神経を集中して持ち上げ、なおかつツユの中に上下させることに成功して初めて味わえる。
そういうレベルである。
翻れば、日本人なら挑戦しろ、ってなもんである。
お値段もリーズナブルだし、何度挑んだとしても志半ばに倒れることもないだろう。
しかし、ぬるいツユに柚子コショウを入れると渋味が。できれば釜揚げは熱いツユで、どうかひとつ。


大野城市錦町3丁目6-33
tel 092-573-5565
11:00~24:00
休み無し
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。