福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「能古うどん」 よそいき気分
「能古うどん 和白店」
冷しつけ麺 520円
ぶっかけ釜玉 680円

明るくきれいな店舗だ。長尾本店にしてもここにしてもちょこっと上級な雰囲気を演出してあって、実際客層もそれなりに優雅な感じがして、なんか構えちゃってる自分がいる。
nokowajiro01.jpg
結局うどんなんだし、お高いってレベルでもないんだが、つくづく庶民が身についてるものだ。
さて、まず冷しつけ麺。
nokowajiro02.jpg
ぱっと見た目に、意外と量が多めだ。こういうときは素直に嬉しくなる。
細いうどんは氷水で〆られて、ごくツルツルの食感。歯ごたえもいい。
これは噛みこんで香りを楽しむってえよりは、くいくい飲んで喉越しを味わってこそ活きるものだろう。
ツユはかなり甘め。
で、温メニューの釜玉にも同じツユが使ってある。
nokowajiro03.jpg
細いから冷に比べて腰が抜け気味なのに重ねて、この甘ツユと玉子が絡むために、全体としてもったりしてしまっている。
釜玉にはもっとシンプルな出汁しょうゆでいいかも。
トッピングのごぼうはさっくり噛み切れるほどクリスピーに仕上げてあって、別皿で追加すればいいアテになる。
一杯のうどんも無駄にできない庶民としては、冷たいうどんにごぼ天を合せるのがお徳で楽しいベストチョイスだと思う。
今度喰う時は、やっぱり"たらいうどん"を家族でかっこむかな。


福岡市東区和白1-2-8
tel 092-606-7701
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。