福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「まいど」 こりゃまた失礼いたしましたっ
「まいど」
ごぼう天うどん 350円
ざるうどん 350円
えび天うどん 480円
カレーうどん 480円

先ごろ他界した植木等は、TVや映画で見せるスーダラぶりとはまったく違う、真摯な実像を持つ人だったという。
人を上辺で判断すべからず。
食い物屋も然り。
すみません。ココを知ってから5年余り、見かけで判断して一度も喰ってませんでした。
白状すると最近ネタ切れで、もう地雷覚悟で飛び込みました。

ダイヤモンドシティ裏から駕与丁池を過ぎて201号線長者原交差点に向かう道の途中。その方向からだと店舗は奥まって見えず、道路に突き出した三角形の看板だけが確認できるのみ。帰りに今度は反対から覗いてみるんだが、派手めにデコレーションしてある外観(特に夜間のネオンww)が我が食指を萎えさせてきたのだ。
だって、経験上どうしてもうどんを楽しめる店に見えなかったんだもん。
って、いくらかわいぶってもその"経験上"ってのが浅はかだったことが証明されたことに違いはない。
maido01.jpg
店に入ると正面にずらりと品書きがあって、うどん・そばはもとより定食類がかなり充実している。
いや実際なかなか興味深々なメニューもあり、そっちの方にかなりそそられる。
が、まず初志貫徹。ごぼ天とざるクダサイ!
で、出てきた丼に驚いた。てっきり丸ぽってりした冷凍ものが現れると踏んでたのに、それは角が立って不ぞろいな麺線の、いかにも自家製然とした中太のうどんだったのだから。
maido02.jpgmaido03.jpg
あれれれ、嬉しい誤算ってやつか?などとちょっとうろたえつつ、わたわたと口に運ぶ。
長い。そしてしなやか柳腰。こりゃあ"楽しめる"うどんだ!
同じく意外さをたたえた表情のカミさんとともに、ズルズル啜り上げる。
すめ・ツユともちょっと甘めで、ずっと食べなれた味付けである。突出した印象は残さない。
しかし不満も残さない(氷で〆たざるが冷たすぎて歯にしみたくらいかww)。
量が多めで安いってところもイイじゃない。普段喰いに近所にほしいタイプだな。
こうなるとはじめは引いてた外観も好意的に見られる。創意工夫とがんばりの証だろうと。
実は、贔屓ついでに後日続けて行ってしまったというオチまで付くのであった。チャンチャン。


大き目のえび天が2尾。カレーライス共用?ルー乗せタイプのカレーうどん
maido04.jpgmaido05.jpg


糟屋郡粕屋町駕与丁2丁目1-12
tel092-939-1874
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かに!
ラーメン屋や蕎麦屋は
店構えで何となくイケル、イケナイが分かりますが、
うどん屋だけはナンとも分かりませんよねぇ。
残る手段は、覚悟を決めて実食するのみ。
コレからも新規美味う店開拓、楽しみにしておりマス!
まいど、近々啜ってみたいと思いマス!
2007/05/15(火) 07:26:22 | URL | への #vXeIqmFk[ 編集]
いやまったく。
ここの経験から、いくつか思い当たる店に突入の必要性を感じております。
隠れた良店を掘り当てられればラッキーって事で。
2007/05/15(火) 22:14:19 | URL | OGT #93zoS.6.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。