福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「大右衛門 青山店」 "う"の壷
「大右衛門 青山店」
ごぼう天うどん 410円
ざるうどん 460円

3号線南バイパス沿い。休みの昼時は待たされる。
taemonaoyama01.jpg
当チェーンの創業は1977年だとか。
以来ちゃんとしたうどんが喰える店というイメージを堅持して、実際にも店内の見えるところに麺打ちブースを設えるなど、人気のツボはその辺だと思う。
けしてロケーションばかりじゃないだろう(でもさすがに大宰府裏の御笠とか春日最奥の惣利などにあった支店は閉めてしまってるが)。
さてそんなわけで、多人数に対応すべく、大きな玉を広く伸して切るから当然長い麺になる。うどんは持ち上げるときとか啜るときに、ちょっとくらい苦労する長さの方が楽しいと思うのだ。
で、肌は緩く、しかし中心に向かってコシを主張するのが我が好み。
ただ、ちょっと粉が演出がかってる気もするけど無闇にってわけでもなく、これはこれでと喰い進む。
すめは煮干の香りに特徴がある。よくある昆布風味とはちょっと違ってる。
ツユは甘いが、塩加減が適切なのか刺激がなく優しい印象。
ごぼうの歯応えがなかなか絶妙だった。
taemonaoyama02.jpgtaemonaoyama03.jpg


以前の大右衛門各店の感想を読み返すと、今回の一杯は確かに進化しているみたいだ。
やっぱりツボはそのへんらしい。

太宰府市青山2丁目25-1
tel 092-921-3832
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。