福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「みの屋」 笑顔で看板しょってます
「みの屋うどん 本店」
ごぼう天うどん 410円
ざるうどん 420円

このたび無料化された鳥栖筑紫野有料道路の先、以前は味のある年季入りの店舗だった。
それがいつの間にか道路の向側に場所を移し、広く明るい新店舗で開店。いままで未食だったので、この機会にと初啜りに赴く。
minoyahonten01.jpg
店に足を踏み入れると正面に釜場と麺打ち場が。これは好き物にはたまらない、老舗ならではの擽りどころを熟知した設えというところか。
そして、それを取り巻くようにカウンターが配置されている。
注文は基本メニュー二品にする。
minoyahonten03.jpgminoyahonten04.jpg
そのつどの茹で上げではないようだが、昼の掻きいれ時ゆえドンドン釜に投入され〆られていくうどんは、なかなかの活きの良さだ。
やや細めの胴にはしっかりしたコシがあるし、あわせてビヨンと伸びる弾力性も楽しい。
特に印象に残ったのがすめ。
温・冷どちらも甘さが控えめで、しっかり強い節の味がする。
一般的な筑後うどんよりキリリと締まった感じだった。
コンスタントにこの状態ならばヘビーローテーションになりそうな、これまた近所にほしい店である(というか数年前まで筑紫野市の杉塚にもあったんだよね・・・残念)。
minoyahonten02.jpg


佐賀県鳥栖市真木町1974
TEL 0942-82-0717
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。