福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ウエスト」 新カレーと店舗限定
「ウエスト 志免店」
新カレーうどん 410円
豚キムチうどん 500円

ウエスト各店にはためく"新カレー"の幟。
数年前に"牛カレー"に改良されたときはなかなか良い方向にシフトしてたから、今回も結構期待して食ってみた。
westsime04.jpg

印象としては、『牛から出汁へ』って感じだろうか。
さらりと啜れる和風の味わいになってる。うん、こいつはより好みに近づいた。
いかにもレトルトっぽかった肉も省略し、汁のみで勝負する意気やよし。
あっついカレー汁でネギをくたっとさせて食うのが美味いんだけど、残念ながらテーブルセットの冷凍モノでは今ひとつ。フレッシュなネギが添えられてればナイスなんだけど。
そんなだから、トッピングに試してみた今流行の食べるラー油って、自分的には蛇足だった。
ちなみに、これもトッピングに掲げられているチーズは未だ試してない。

さて、志免店にはここ限定の豚キムチうどんがある。
これまで店舗限定といえば、東光店の豚しゃぶうどん(うちのカミさん一押し)ってのを食ったことがあるくらいだけど、他にもあるのかな?
westsime02_20100918201046.jpg westsime03.jpg
(メニューの写真と実物がずいぶん違ってるけど気にしない)

ここんちのは、茹でた豚バラとキムチがトッピングされたヤツで、豚キムチ炒めじゃないってところがポイント。
油がまわってないんで、あっさりが好きな御仁向きだ。
しかしこのコンビネーションだったら、自分はもう少しくどくてもいい。炒めたのを温かいぶっかけに乗せたりしたら良さそうな気もする。


糟屋郡志免町南里524-1
TEL 092-937-6011


ホームページにこんな記事
野菜にポン酢か


「資さんうどん」 メニューチャレンジ編 その4
「資さんうどん 志免町店」
天ざるむぎ 960円
ぼた餅 120円
かき揚げうどん 480円
おでん 各80円
山かけうどん 570円
ざるうどん 400円(梅とろろ 270円)

今回はちょいと目先を変えて、"むぎ"を食ってみた。
sukesansime07.jpg
ちゃんと茹で上げのタイミングで出てきたようで、予想よりもしっかりとしたコシ。
できたての天ぷらもけっこうな量だし、厚くあんこをまとったぼた餅を頬張ればもう、腹いっぱい。
sukesansime08.jpg
甘さは控えめなり。

かき揚げの具はアミくらいの小エビ、さいの目に切ったイカと野菜。
sukesansime09.jpg
切り方も細かくて、衣がふやけてばらけてしまうと、丼の底からサルベージするのがタイヘンだった。


sukesansime11.jpg
ここでは客の8割がたがおでんを食ってる。スジ美味し。

sukesansime12.jpg
やまかけのとろろは大和芋かつくね芋か、強めの粘りがあって風味もなかなかのもの。

そのとろろに練り梅を乗せたのが梅とろろ。これはやっぱり冷メニューが合うでしょ。
sukesansime13.jpg

食うときはとろろの器に適量ツユを入れて溶きつつ啜るのが正解だろう。逆だととろろがツユの中にいっぱい残ってしまってもったいないからね。



糟屋郡志免町別府3丁目15-7
TEL092-292-5561
24時間営業
年中無休
「資さんうどん」 メニューチャレンジ編 その3
「資さんうどん 門松店」
カレーぶっかけうどん 520円
月見うどん 370円(とんかつトッピング290円)
エビ天かき揚げうどん 400円(磯辺揚げトッピング 150円)
ざるうどん 400円(味鶏玉セット 180円)

休日の朝飯を「資さん」で食うことが多くなったこのごろ。

さて、早朝にはなかなか気の乗らないメニューではあるが、当初から気になってたカレーぶっかけを試す。
sukesankadomatu06.jpg

すめ無しのうどんにレトルトっぽいカレールーがぶっかけてある。
一切のひねりを加えず、名前そのまんまの一杯・・。
いや、どんなのを期待してたのかって聞かれるとあれですけど。
辛さは中辛くらいかな。
量はたっぷりだが、なんか単調なんで途中で飽きてくる嫌いがある。対策としてご飯も一緒にオーダーすれば無駄なくいただけるんでは(笑)。

個人的希望としては、「牧の」みたいにやかんですめを出してくれると、変化をつけられて嬉しいんだけど。
またはいっそのこと、カレーと出汁半々の"カレー汁うどん"を設定しても良いと思う。


ここのトッピングで最も高価なのが、とんかつ。
せっかくだから(?)ひと工夫(?)して、玉子と合わせたカツ丼うどんにしてみた。
sukesankadomatu07.jpg

ああ、思ったとおり生卵じゃカツ丼にはならないやね、ハハハ。
カツは揚げたてで厚みもけっこうあった。最初からすめに浸してあるんじゃなくて別皿で配膳。
こいつはやっぱ、先のカレーぶっかけなどに合わせるが吉か。


「資さん」での私的オススメ一番のエビ天かき揚げに磯辺揚げプラス。
sukesankadomatu08.jpg

双方揚げたばかりの香り食感熱さの競演!ハフハフ
ちくわの磯辺って、具としては今ひとつそそられないんだけど、あれは冷めると別物になっちゃうからだな、きっと。

ざるうどんが50円値下げして400円に。
同時に、冷やしモノに合うって煽り文句付きの味鶏玉セットがメニューやPOPに追加されてた。
sukesankadomatu09.jpg

かしわと錦糸玉子とワカメ・カイワレが皿に盛って付いてくる。
が、正直なところ、これをざると合わせたときどんな食い方をするとよいのかわかりませんでした。
ツユに入れるんか?けっこう甘めのツユが、味鶏の甘さで過剰になりそうだけど。

再確認、ここのうどんは冷メニューでのコシの加減ががいい!


50円サービス券の配布は6月末まで。
現在持ってる分は以降も使用できるとのこと(まだいっぱい持ってる、よかった)。

糟屋郡粕屋町大字大隈113-1
年中無休24時間営業
「資さんうどん」 メニューチャレンジ編 その2
「資さんうどん 志免町店」
エビ天(かき揚げ)うどん 400円
かしわうどん 490円(つくねトッピング 150円)
上エビ天(2尾)うどん 540円
もずくうどん 400円(わかめトッピング 80円)
椎茸うどん 480円

門松店に次いでオープンした志免町店で、メニュー制覇の続き。
sukesansime01.jpg



殻付きのエビが使われたかき揚げはカリッと香ばしくて懐かしくて、自分的にはこっちが好きだ。
sukesansime05.jpg

甘辛味付きのかしわに、軟骨がコリコリ面白いつくねの角天をトッピングして、ダブル鶏うどん。
先日食ったかしわ汁の具を組み合わせてトリプル鶏にしようかとも思ったが、コショウがケンカしそうな気がするので、パス。
sukesansime02.jpg

上エビ天はけっこう立派なエビが。3尾660円にすればボリュームも申し分なさそうだ。
sukesansime04.jpg
でもしなかったところが小市民(笑)。

もずくうどんにワカメをトッピング。更にテーブルセットの"無料入れ放題"のとろろ昆布を入れて、これまさに磯の香うどん也。
sukesansime03.jpg
しかしもずくってのは、具としては存在感が薄いんだな・・・。

小ぶりな椎茸を甘辛く煮たのがコロコロ入った椎茸うどん。干し椎茸なんで、腹の中で膨らむのか、けっこう喰い応えあり。
sukesansime06.jpg


糟屋郡志免町別府3-15-7
TEL 092-292-5561
24時間営業
年中無休

「資さんうどん」 メニューチャレンジ編 その1
「資さんうどん 門松店」
むきエビ天うどん 480円
冷ぶっかけうどん 450円(いわし天100円、かしわ汁の具220円)

誰かに乗せられて資さんのいろんなメニューを食ってみることにした(続くかどうかは未定で)。
なにせここって、エビ天が3種類あったりとかして、なんかこう興味をそそるラインナップなのだ。ブロガの義務感がそうしろと囁くのだ。

さて、今回も混みあう昼を避けて朝飯に赴く。
注文はエビ天の中からむきエビ天を。更に冷メニューとしてぶっかけ、それに興味のあったかしわ汁(の具)、いわし天をトッピングとしてオーダーした。
むきエビ天は普通にうどんに乗ってきた。
sukesankadomatu04.jpg
大き目のエビが6~7尾で、プリプリ。贅沢を言えば別皿で少しずつ浸して楽しみたい、とはカミさんの談である。

ぶっかけはデフォでごぼ天有りなんでトッピングは別皿で配膳される。
sukesankadomatu05.jpg
かしわ汁(の具)ってのは鶏肉・玉ねぎ・ごぼうを塩コショウで『炒めた』もの。冷たいうどんにはちょっと相性が悪いかな。
いわし天は「ウエスト」のそれとは違ってすり身の天ぷらだ。前に食った丸天よりもワイルド&テイスティー。温にも冷にもなかなかよさげ。
具の説明が先行したが、うどんも悪くなかった。温の時より讃岐的特長が明確になってて、自分的にはこの麺なら冷を推す。
ツユも鰹節の香りがしっかり感じられる。塩分はわりと強いからぶっかけすぎには注意されたし。

さて次回は何にしよ。うん、面白くなってきたぞ~。

糟屋郡粕屋町大字大隈113-1
年中無休24時間営業
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。